読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

やっと帰ってきたか!強い金子大樹がTKO勝ち。次はいよいよ尾川堅一だ VS東上剛司

▼スポンサーリンク

▼最新記事

金子大樹VS東上剛司

59.5キロ契約(ライト級)10回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170515113428j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170515113435j:plain

(出典:日テレG+)

金子は2連敗を喫し、日本6位までランクを下げていましたが、4連続KOで1位まで戻ってきました。

33戦25勝17KO5敗3分け、28歳。

東上は36歳。これが最後の試合になるかもしれません。

32戦13勝2KO14敗5分け、日本6位ですが、この5戦も1勝2敗2分けとパッとせず、とても日本ランカーの実力があるとは思えません。

唯一の自慢は14敗も喫しながら、KO負けが一度もないことです。

 この試合は、Sフェザー級のリミット、58.97キロより約500g重い、59.5キロ契約で行われます。

 

力の差が歴然

初回から金子の左ジャブがことごとくヒットし、早くもペースを握ります。

右ストレートの距離もアジャストし、2ラウンドにはほぼ東上のパンチを見切った感じです。

ここからは金子のワンマンショー。後は倒すだけですが、さすがKO負けが一度もないという東上はしぶとく、金子のパンチをまともにもらてっも、効いたそぶりを見せません。

 

金子の絶妙の右アッパー

4ラウンドあたりから、金子が右のストレートを強めに打ってきました。

そして、絶妙の右アッパーがヒットします。

f:id:stonemeintothegroove:20170515115644j:plain

(この右アッパーは絶妙でした)

もう、どのパンチもヒットします。東上は金子の左ジャブに阻まれ、ほとんど何もできません。防戦一方です。一か八かの右ストレートのカウンターを狙いますが、これも金子に見切られます。

 

一方的な展開にレフリーがストップ

左ジャブで東上を完全にコントロールし、右ストレートは狙い打ち状態です。

さすがの東上も、6ラウンドの金子の攻撃に、かなりダメージが蓄積してきた感じで、7ラウンド中盤から金子が一気に攻め、ロープに詰めて連打したところで、レフリーが割って入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20170515120433j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170515120439j:plain

  

f:id:stonemeintothegroove:20170515120447j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170515120453j:plain

(ロープに詰めて金子が連打すると東上はほぼグロッキー、最後は右アッパーでとどめ)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170515120627j:plain

(レフリーが割って入り、東上はプロ入り初のTKO負け)

東上の実力を割り引いても、この日の金子のボクシングは全盛期に近い、完璧なボクシングでした。もっと左ボディを多用すれば、4~5ラウンドには倒せたと思います。

 

とにかく、動きはほぼ全盛期の金子に戻ってきました。ただ、日本チャンピオンだった頃は、もっとパワーがあったような気がしますね。

次はいよいよ尾川堅一ですね。日本タイトルを取り戻して、再度世界を狙うにはどうしても戦わなければならない相手です。

ジャブの差し合いで勝てば、先に距離をつかめるでしょうから、勝つチャンスは自分にあるでしょう。最近の尾川はKOを狙いすぎて、左ジャブが少なく、距離をつかむのもペースを握るのも遅いような気がします。

いずれにしても、スリリングで面白い試合が期待できそうです。