読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ルーカス・マティセの強打健在 5RTKO勝ちで再起&デビッド・レミューはしぶとい相手に粘られ判定勝ち

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ルーカス・マティセ(アルゼンチン)VSエマヌエル・テイラー(アメリカ)

ウェルター級10回戦(2017年5月7日)

f:id:stonemeintothegroove:20170509120451j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170509120500j:plain

(出典:WOWOW)

WBCのインターナショナルとかWBOのコンチネンタルとかの王座決定戦ということでしたが、ここではウェルター級の10回戦ということで話を進めたいと思います。

ひょっとしたら、勝者はWBCやWBOのランキングに返り咲くかもしれません。

 

マティセはこれが1年7か月ぶりの試合です。ビクトル・ポストルに生涯初めてのKO負けを喫し、これが久しぶりの再起戦となります。

42戦37勝34KO4敗1無効試合、34歳。

 

エマヌエル・テイラーは24戦20勝14KO4敗、27歳。

3年前にエイドリアン・ブローナーと対戦し、ダウンを奪われたものの判定まで粘り、善戦しています。

 

マティセが右ストレートでダウンを奪う

3ラウンドにタイミングよく放ったマティセの右ストレートがヒットし、テイラーがダウンしました。

すぐに立ちあがってきましたが、意外とダメージがありそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20170509120544j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170509120554j:plain

(軽く打った感じの右ストレートでしたが、強打は健在でした)

4ラウンドもマティセがプレッシャーを強め、終盤に左アッパーを放ち、ロープに詰めて連打を浴びせます。

5ラウンドにマティセのボディでテイラーがロープに詰まり、左右の連打でテイラーが崩れるようにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170509120956j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170509121002j:plain

(マティセがロープに詰めて連打を叩き込む)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170509121052j:plain

 

(このボディブローが効いたようですね)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170509121125j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170509121131j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170509121146j:plain

(これは立てないかな)

かなりダメージがある感じでしたが、テイラーは何とか立ってきました。

カウント9でレフリーがテイラーの状態を見て、ストップしました。

結局、パンチ力の差が勝負を決めた一戦でした。

マティセの復活は楽しみですね。

 

デビッド・レミュー(カナダ)VSマルコ・レイエス(メキシコ)

ミドル級10回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170509121736j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170509121742j:plain

(出典:WOWOW)

実際には163ポンド契約で、ミドル級のリミットを3ポンドオーバーしています。

レミューは42戦27勝33KO3敗、28歳。

マルコ・レイエスは39戦35勝26KO4敗、29歳。

175㎝のレミューに対して、レイエスは185㎝と、一回り大きく見えます。

レミューは少しふっくらとした感じで、お腹周りは明らかに前回の試合より太いですね。

 

初回からエンジン全開のレミュー

レミューは初回からプレッシャーをかけ、ガンガン打って出ます。

2回にはレミューの左フックで、レイエスは早くも目の上をカットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170509122405j:plain

(レミュー得意の左フックでレイエスがカット)

パンチのスピードも手数もレミューが圧倒。

3ラウンドの右アッパーでダウン寸前まで追い込みます。

つまらん駆け引きをせず、ガンガン打って出る、レミューのボクシングは見ていてホントに気持ちがいいですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170509122615j:plain

(絶妙の右アッパーカット)

レミューのボディブローも効いているようで、もうKOも時間の問題という感じでした。

4ラウンドには、右ストレートでレイエスもマウスピースが吹っ飛びました。

f:id:stonemeintothegroove:20170509122900j:plain

ダウンしてもおかしくない右ストレートでした。レイエスのマウスピースが吹っ飛びます)

ここまでは一方的な展開でしたが、序盤からの飛ばしすぎで、4ラウンド終盤からレミューがやや失速します。

 

レイエスが体格差をいかして反撃

5ラウンドのレイエスのボディブローでレミューのプレッシャーが弱まり、手数も減ってきました。

レイエスは体格差を生かして、自分の距離を保ち、レミューを懐に入れません。

それでも、単発ながらレミューが放つクリーンヒットで、レイエスが何度もぐらつきます。

しかし、すぐにレイエスは反撃してきます。

解説の西岡利晃さんが「もう回復しましたね」と驚きの声を上げるほど、レイエスは驚異的な回復力を見せます。

結局、体格で上回るレイエスが最後まで粘り、レミューはあと一歩詰め切れず、判定決着となりました。

 

3-0(99-90、99-90、98-91)で文句なくレミューの判定勝ちでした。

175㎝のレミューには163ポンドはやはり重すぎましたね。

ミドル級のリミットでやれば、前半で倒していたと思います。

 

勝ったレミューは、WBC4位、WBA5位、IBF7位、WBO4位。ゴロフキンにTKO負けしましたが、完全に復活してきましたね。