読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)WOWOW生中継  サウル・アルバレスが完封で判定勝ち VSフリオ・セサール・チャベスは何もできず

▼スポンサーリンク

▼最新記事

サウル・アルバレス(メキシコ)VSフリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)

スーパーミドル級12回戦(2017年5月7日)

f:id:stonemeintothegroove:20170508104255j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170508104300j:plain

(出典:WOWOW)

 

この対戦は、実際には164.5ポンド(73.94キロ)契約ということです。

 

カネロの直近の対戦は、リアム・スミス。この時はスーパーウェルター級です。リミットは154ポンド。

チャベスJrはなんと2階級の上のスーパーミドル級の選手です。リミットは168ポンド。

キロ換算での差は、実に6キロ強。

単純に身長を比較してみなすと、カネロは175㎝。チャベスJrは185㎝。

しかし、チャベスJrが勝っているのは体格だけでしょうね。

この2年ほどは全く精彩を欠いています。どうも体重管理が出来ていないようですね。

はっきり言って、全盛期を過ぎた過去の選手と言ってもいいでしょう。

 

一方のカネロは今が間違いなく全盛期です。スーパースター街道まっしぐらの選手です。

私には、カネロにとってこの対戦に、なんのメリットがあるのか不思議で仕方がりません。

しかも、20ポンド(約4.5キロ)も増量して、2階級も上の、ほぼ峠を過ぎた(まだ31歳ですけどね)名前だけの選手とやって。

 

ところでチャベスJrは、164.5ポンドの前日計量をクリアしたのでしょうか。

 

サウル・アルバレスは50戦48勝34KO1敗1分け、26歳。

フロイド・メイウェザーに敗れてから6連勝(4KO)と絶好調です。

一方の、チャベスJrは、54戦50勝32KO2敗1分け1無効試合。31歳。

この試合のポイントは、チャベスの仕上がり具合に尽きるでしょう。

 

 

試合経過)

どうやら、チャベスJrは計量をパスしたようですね。まずは一安心です。

 

アンダーカードで、ルーカス・マティセ(アルゼンチン)が登場しました。

2015年10月にKO負けして以来、1年7か月ぶりの試合ですが、ハードパンチは健在でしたね。エマヌエル・テーラー(アメリカ)にKO勝ちして、再起を飾りました。

詳細は後日。

今は、デビッド・レミューが試合をしています。

ダウン寸前まで追い込みながら、中盤、ボディが効いて少し失速し、結局、マルコス・レイジェスの粘りに最後まで倒せませんでした。

これも詳細は後日。

 

さて、注目のチャベスJrの下がりですが、結構、絞ってきたようですよ。164ポンド。カネロも同じく164ポンドです。

チャベスは、最近見た中では、一番シャープな感じですね。

1R)

お互い、初回から思い切りパンチを振っています。スピードやはりカネロか。

チャベスはまだ手数が少ない感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20170508104426j:plain

(いつになくスリムなチャベスJrでしたが)

2R)

ややプレッシャーをかけるのはカネロ・アルバレス。カネロが先に手を出します。チャベスはいつもより手数が少ないです。

カネロの方がパンチを当てるのは上手いですね。

3R)

前に出て先に手を出すのはカネロ。チャベスは手が出ません。

カネロの方がパンチも重そうです。なんだか一方的な展開になって気ような気がします。カネロのボディが効果的。カネロの動きはいいです。

4R)

このラウンドもカネロが押しています。チャベスはボディが効いたか。手が出ません。

かなり力の差がありそうです。チャベスは打たれっぱなしで防戦一方。

f:id:stonemeintothegroove:20170508104530j:plain

(カネロの右ストレートがヒット。チャベスは大きく体勢を崩しました)

完全にカネロのペースです。これは倒せるかもしれませんね。

5R)

 ここまではチャベス、全くいいところがありません。

カネロはスピードもパンチのキレもすべて上。カネロはディフェンスも完璧です。

f:id:stonemeintothegroove:20170508104626j:plain

(ヒットするのはカネロのパンチばかり。チャベスのパンチはほとんどガードの上)

ほぼパンチをもらっていません。

チャベスは何もできないのか、後半勝負なのか?

カネロが好き放題にボクシングをしている感じです。かなり余裕があります。

 

6R)

カネロがプレスを強めました。このラウンドもほぼ一方的。完全にミスマッチだと思います。

終盤、少しチャベスが出てきましたが、カネロは少し休んでいますね。

7R)

 カネロのパンチが面白いようにチャベスをとらえます。パンチの回転のスピードが違いいます。チャベスはいつものパワーがありません。

カネロはうまく休みながら、ボクシングをしてますね。ホントに余裕が感じられます。

8R)

パワー負けしたら、チャベスに勝機はないでしょう。チャベスのパンチにパワーがありません。

後はカネロが倒せるかどうかだけですね。いいのが決まれば、どこかで勝負をかけるでしょう。

このラウンドもカネロは、後半はうまく休んでいますね。

9R)

チャベスが出てきましたが、カネロのガードが堅く、クリーンヒットが奪えていません。チャベスの手が止まると、カネロが必ず打ち返してきます。

チャベスにこのウエイトはやはり無理でしたね。

10R)

このままずるずる行ったら、ただのミスマッチに終わります。

カネロの左ボディが効果的です。さあ、倒すか。

カネロがプレスを強めますが、強引には行きません。

チャベスはもう防戦一方で、倒されないだけを考えているようです。

11R)

さあ、カネロ、行ってほしいですね。

しかし、チャベスが来ないので、なかなかカネロも攻め切れません。

カネロの強さよりも、チャベスの不甲斐なさが目につきます。凡戦です。

12R)

カネロが少し強引にきました。チャベスもなかなかしぶといです。今日ほめるとしたら、これぐらいですね。パワーもスピードもなにもありませんでした。計量をパスしただけでした。

カネロは今日の試合は、まるでスパーリングみたいでしたね。

 

120-108でしょう。

 

やはり、ジャッジ3人ともフルマークでしたね。予想通りのミスマッチでした。

さあ、いよいよ9月にゲンナディ・ゴロフキンと決戦です。

どうやら9月16日のようですよ。

f:id:stonemeintothegroove:20170508104839j:plain

(リング上でカネロを祝福するゴロフキン)

ただ、ゴロフキンの力が落ちていますからね。おそらく、判定でアルバレスでしょう。