読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

長谷川穂積さんが返上した空位のタイトルを獲得したのはレイ・バルガス VSキャビン・マグドネル

▼スポンサーリンク

▼最新記事

レイ・バルガス(メキシコ)VSキャビン・マグドネル(イギリス)

IBF世界Sバンタム級王座決定戦(2017年2月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20170426131034j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170426131044j:plain

(出典:WOWOW)

ランキング1位のバルガスは、28戦全勝22KO、26歳。

2位のキャビン・マグドネルは18戦16勝4KO2分け、30歳。WBA世界バンタム級王者のジェイミー・マグドネルは双子の兄弟です。

 

この決定戦の王座は、先日引退した、長谷川穂積さんが保持していたものです。

バルガスは174㎝の長身で、しかもハードヒッター。早い回でのKOも考えられた試合でしたが、バルガスが後失速して、判定決着となりました。

 

初回からバルガスがとばす

バルガスの左ジャブは長くて速いですね。

しかもメキシカン特有の左ボディブローも強烈です。

序盤のマグドネルは防戦一方にさらされました。

3回あたりからマグドネルも前に出ますが、パンチが出ません。逆にバルガスの速くて的確なワンツーが飛んできます。

f:id:stonemeintothegroove:20170426140423j:plain

(バルガスの左が再三マグドネルの顎をとらえます)

中盤からマグドネルもエンジンがかかる

中盤から、セコンドにはっぱをかけられたマグドネルが、プッシャーをかけて強引に前に出てきました。

そして、5ラウンドに放ったボディブロ―がバルガスにヒットし、もみ合うようにしてバルガスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170426140011j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170426140018j:plain

(5回のマグドネルのボディブローは効果的でした。スリップダウンでしたがダメージがあったようです)

レフリーの好判断でスリップと裁定されましたが、このボディは効いたようです。

バルガスのガードが少し下がり、手数も減りました。

その後もマグドネルの前進は止まりません。クリーンヒットはバルガスが上ですが、明らかにバルガスは押され気味です。

f:id:stonemeintothegroove:20170426140725j:plain

(バルガスの右カウンターは、タイミングは抜群のですが、ナックルが返っていません。まさかこれで痛めたのかな)

 

バルガスが後半失速

解説の西岡利晃さんは、「バルガスは手を痛めたかもしれませんね」という通り、後半のバルガスは、マグドネルのプレッシャーに押され気味で、左ジャブも序盤ほどの威力がなく、少しセーブして打っている感じです。

右のカウンターも明らかに減ってきました。どうも右も左も痛めたような感じですね。

一方のマグドネルはスタミナ抜群です。クリーンヒットこそ少ないものの、ガンガン前に出てきます。

バルガスのパンチが軽くなったので、多少パンチをもらっても深刻なダメージには至らないからかもしれません。

 

この失速が前半飛ばしすぎてスタミナが切れたのか、両手を痛めたのか、あるいはボディブロが効いたのか、正確には分かりませんが、いずれにしてもバルガスにはもう倒す力は残っていませんね。

しかし、ボクシングのうまさはやはりバルガスが一枚上。マグドネルも前には出るものの、バルガスのカウンターが先にヒットし、なかなか決定打をヒットすることが出来ません。

 

判定は2-0(114-114、117-111、116-112)。

バルガスが後半、明らかに失速したのが気になりますね。マグドネルは馬力とスタミナとタフネスだけの、典型的なイギリス人ボクサー。全く面白味がありません。