読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート WBA世界フライ級タイトルマッチ(2017年4月23日) 倒せず!

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート(タイ)

WBA世界フライ級タイトルマッチ(2017年4月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170424142302j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170424142308j:plain

(出典:MBS)

こちらは両選手とも無事に前日計量をパスしています。

まあ、当たり前のことですけどね。

 

井岡はこれが5度目の防衛戦で、もっか3連続KO防衛中です。

22戦21勝13KO1敗、28歳。

世界2位のノクノイはなんと61連勝中です。しかし、対戦相手はほとんどタイの選手らしいですね。

 

66戦62勝38KO4敗、30歳。

 

対戦相手の質が違いすぎます。おそらく世界のレベルを見せ付けて、井岡が圧勝すると思います。

 

 

試合経過)

1R)

「世界チャンピオンの実力を思い知らせてやります」と井岡。

ノクノイはどっしり構えています。井岡は距離測っています。ノクノイはそれほどスピードはなさそうです。井岡、左の距離まだあっていません。

2R)

井岡が少し出てきました。ノクノイも応戦し、なかなかやりますよ。ノクノイはパワーがありますね。

まだ、井岡は様子見です。距離が測れていない感じです。

3R)

レフリーはローブローに結構うるさいですね。

ノクノイが前に出てきました。ノクノイの左も結構速いですよ。

井岡ローブローで1点減点。

f:id:stonemeintothegroove:20170424142407j:plain

(早くも1点減点。でもこの後は井岡のローブローに対して、一切注意しませんでした。不思議なレフリーです)

4R)

少しずつ井岡のペースにはなってきました。井岡が前に出ます。プレスをかけます。

しかし、ノクノイも反撃してきます。なかなか世界のの差が見せ付けたられないですね。

5R)

井岡がっプレッシャーをかけてきました。ボディカウンターがヒット。左ジャブも打ち勝っています。左ボディが効果的です。

6R)

井岡のボディ効果的です。ノクノイは少しガード下がってきました。しかし、井岡はまだ軽く打っている感じです。

7R)

あまり圧倒できてる感じはありませんね。

しかし、井岡も手数が増えてきました。

私の感じでは、これはKOはないですね。ノクノイは予想以上にしぶといです。

打たれたら打ち返してきます。ノクノイも負けていませんね。

8R)

ノクノイはガードが堅いですね。なかなかクリーンヒットを許しません。井岡もボディの打ち合いでは負けていませんが、ノクノイはタフです。

でも、ノクノイ、終盤の右が少し効いたかな。

9R)

なかなか倒しにくい相手ですよ。右ボディ!しかし、相手はタフです。

井岡攻勢を強めます。しかし、どうも決定的なダメージを与えられません。少し攻めあぐねてきた感じがします。

10R)

これじゃ倒せないですね。また、ノクノイが出てきましたよ。

左カウンター少し効いたかな。

f:id:stonemeintothegroove:20170424142640j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170424142645j:plain

(10Rはかなり一方的に攻めましたが、ノクノイは相当しぶといです)

相手はダメージがありそうですが、井岡は慎重です。強引に攻めません。

11R)

そろそろ行こうよ。

オット、左効いたぞ!井岡が猛攻。ノクノイはふらふらですが、まだ気持ちはキ切れていません。反撃してきます。

もう少しでストップですが、井岡も疲れ感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20170424142756j:plain

(ストップまであと一歩)

12R)

倒せ~!

井岡が攻めます。しかし相手はなおも反撃してきます。しぶといですね。61連勝はダテではありませんでした。

 

判定は3-0(117-110、116-111、117-110)で井岡の防衛です。

しかし、ちょっと物足りません。まあ、しかし勝ってよかったです。

井岡はもう少し早い回から、強引な攻撃をしてもよかったっと思います。

なんとかKOを免れたノクノイは、試合後「判定まで行ったのは、勝ったのと同じ」なんて、バカなことを言っていましたね。

そして、「井岡は一流とは言えない」とほざいていました。全く失礼な奴です。