読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

なにも5月21日にやらなくても~(5月20日にも3試合あります) 井上尚弥&八重樫東 W世界戦VSリカルド・ロドリゲス&ミラン・メリンド戦結果予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス(アメリカ)

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2017年5月21日)

f:id:stonemeintothegroove:20170422142720j:plain

 ご存知の通り、前日の5月20日に3試合の世界戦が行われます。

二日間で5試合。まるで年末並みのラッシュですね。しかもいずれも有明コロシアムです。

ボクシングファンの希望としては、「毎週1試合ずつで、1か月かけてじっくりやってくれなないかな~。」ホント、お願いしますよ。

 

www.boxing-blog.com

 

 

リカルド・ロドリゲスは19戦16勝(5KO)3敗。WBO2位にランクしています。

2016年5月に、井上に挑戦して、最後まで立っていたリカルド・カルモナ(メキシコ)に、2015年10月判定負けしています。

世界2位ですが、戦績もパッとしませんし、5KOはこのクラスとしてもかなり少ないですね。

相当やりにくい変則ボクサーかもしれませんので、油断は禁物ですが、5ラウンドまでには倒してほしいですね。とにかく、対戦相手については何もわかりません。

はっきり言って、ビッグマッチの調整試合でしょう。ケガをしないことだけが唯一の課題です。

これが5度目の防衛戦ですが、この階級で戦うのはこれを含めてあと2試合になるということらしいですね。

 

八重樫東VSミラン・メリンド(フィリピン)

IBF世ライトフライ級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170422143202j:plain

八重樫はこれが3度目の防衛戦となります。前回の防衛戦を除けば、最近厳しい試合が多いですね。

30戦25勝13KO5敗、34歳。

 

メリンドは37戦35勝(12KO)2敗、29歳。

2敗は、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とハビエル・メンドサ(メキシコ)に判定負けしたものです。

エストラーダは最近までWBA世界フライ級スーパーチャンピオンでしたね。

メンドサは前IBF世界フライ級チャンピオンで、八重樫がタイトルを獲得した相手です。

メリンドの2敗はいずれも世界戦での敗戦です。

 

 

www.boxing-blog.com

 

この世戦は、昨年12月に行われる予定でしたが、メリンドの負傷により、キャンセルになっています。

まあ、この対戦相手から推定すると、なんとか判定で勝てそうな感じですが、ボクシングはこの三段論法がほとんど通用しません。

メリンドのそう怖いパンチはなさそうですし、フライ級でも戦っているので、減量もそう簡単ではないような気がします。

まあ、同じことが八重樫にも言えますね。

当日の調整に成功した方が勝つ、というのが一番確かな予想でしょう。でも、若いメリンドに分があるかな?

まあ、いずれにしても判定決着になると思います。八重樫の顔はかなり腫れるでしょう。