わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

注目のミドル級世界戦線サバイバルマッチ 生き残ったのはデビッド・レミュー VSカーティス・スティーブンス

▼最新記事

デビッド・レミュー(カナダ)VSカーティス・スティーブンス(アメリカ)

WBC米大陸・WBOインターコンチネンタルミドル級タイトルマッチ(2017年3月11日)

f:id:stonemeintothegroove:20170420150345j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170420150430j:plain

(出典:WOWOW)

WBC米大陸はなんとなくわかりますが、WBOインターコンチネンタルは意味不明ですね。とりあえずこのタイトルを取れば、WBOのランキングが上がるんだろうなぁ、ということだけは分かります。

むしろ、この対戦はミドル級での世界戦線に生き残るための、サバイバルマッチという方が分かりやすいでしょうね。

2人ともゲンナディ・ゴロフキンにTKO負けしています。

それでも、レミューはWBC4位、WBA5位、IBF7位、WBO4位と、まだまだ十分世界を狙える位置にいます。

同じことがスティーブンスにも言えます。

こちらもWBC3位、IBF6位と負けてはいません。

 

 

レミューは39戦36勝32KO3敗、28歳の好戦的なファイターで、ゴロフキンに負けても人気は全く衰えていません。

レミューは村田諒太と対戦するアッサン・エンダムを4度倒し、判定勝ちしています。(2015年6月)

話は逸れますが、エンダムは以前ハッサム・ヌダム・ヌジカムという名前でしたが、経緯は不明ですが、アッサン・エンダムと名称(?)が変わったようです。

 

スティーブンスは34戦29勝21KO5敗、32歳。レミューに勝てば十分世界再挑戦のチャンスが巡ってくるでしょう。しかし、この髭の量は反則じゃないですか。

 

相変わらず思い切りのいいボクシングをするレミュー

レミューのボクシングは気持ちがいいですね。好戦的でガードの上からでも、バンバン打ち込みます。

この日はしかもスピードがあって、動きがいい。

はやくも右オーバーハンドをヒットさせ、スティーブンスにダメージを与えました。

f:id:stonemeintothegroove:20170420150631j:plain

(レミューは右も左もパンチ力があります)

そこから、ロープに詰めて連打。全く判定を考えていない思い切りのいいボクシングです。不甲斐ないユリオルキス・ガンボアの後だけに余計にホントに気持ちがいいです。

 

レミューこそプロのボクサー

レミューは本当に見せるボクシングをしますね~。

2ランドにはもうエンジン全開です。クロスレンジで、サウンドバッグをたたくようにパンチを繰り出します。

スティーブンスはレミューの右に合わせて左のカウンターを狙ってきます。

かなり、危ないパンチをもらいながらも、全く意に介さず、ガンガン攻めます。チキンハートのダニー・ガルシアとは大違いです。

判定なんかまったく考えていないですね。こんなペースでは12ラウンド持ちませんよ。

しかもこの日は上下の打ち分けが上手い。

ホント、見ていて気持ちがいいですね。

 

左一発でスティーブンスが失神

スティーブンスも前に出て、なんとかペースを取り返そうと頑張りますが、距離を詰めるとレミューのパンチが先に飛んできます。

左のカウンター以外、ほとんどパンチが出ず、手数が減っていきます。

八方ふさがりのスティーブンがロープに詰まったところへ、レミューの右ストレートから左フックの返しがヒットしました。

スティーブンスも左を合わせ、むしろ先にヒットしているにも関わらず、パンチの勢いが全く違いました。

スティーブンスはこの左の返し一発で失神するようにダウン。

私が見た、今年一番の強烈なパンチでした。

f:id:stonemeintothegroove:20170420151710j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170420151718j:plain

(右ストレートから左の返し。しかし、スティーブンスの左フックがカウンターで先にヒットしています。ただパンチの威力の差が全く違いました)

f:id:stonemeintothegroove:20170420151901j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170420151657j:plain

(この一発でスティーブンスは完全に失神。しばらく立てませんでした)

 

勝ったレミューは5月6日に、サウル・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスの前座でマルコス・レイジェスと対戦する予定です。

私の予想では、メインの試合より、はるかに面白いボクシングを見せてくれるような気がします。

村田諒太が世界を獲得したら、このレミューは厄介な存在になるでしょうね。