読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井岡一翔対61連勝中のノクノイ・シットプラサート(WBA世界フライ級)そして大森将平はマーロン・タパレスにリベンジだ!(WBO世界バンタム級)4月23日

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート(タイ)

WBA世界フライ級タイトルマッチ(2017年4月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170415120953j:plain

井岡はこれが4度目の防衛戦で、もっか3連続KO防衛中です。

22戦21勝13KO1敗、28歳。

世界2位のノクノイはなんと61連勝中です。でも、デビュー戦で勝った後、4連敗しています。

不思議な選手ですね。

66戦62勝38KO4敗、30歳。

 

 

大昔の話で恐縮ですが、西城正三が世界チャンピオンだった頃、チリのゴッドフリー・スチーブンスという選手が挑戦してきました。たしか世界1位で、その戦績が60勝1敗ぐらいだったと、思います。KOできませんでしたが、めちゃくちゃ弱かったのを思い出しました。

 

ノクノイは幸いにも右構えのオーソドックススタイルですし、キャリア以外に特に取り柄はなさそうですね。

世界とのレベルの差を見せ付けてやりましょう!

 

マーロン・タパレス(フィリピン)VS大森将平

WBO世界バンタム級タイトルマッチ(2017年4月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170415122304j:plain

(プンルアンのボディブローでダウンしたタパレス)

f:id:stonemeintothegroove:20170415122452j:plain

(前回はタパレスのこの左でやられました)

タパレスは敵地タイでプンルアン・ソーシンユー(タイ)にKO勝ちしてタイトルを獲得しました。これが初防衛戦です。

本来なら昨年、井上拓真の挑戦を受ける予定でしたが、井上のケガによって試合がキャンセルになりました。

大森もリー・ハスキンス(イギリス)がけがをして、これまた世界戦がキャンセル。

 

しかも、この二人は再戦です。

2015年12月にプンルアンへの挑戦権をかけて対戦し、タパレスが2Rに大森をTKOに下しています。

大森にとっては、世界初挑戦でしかもリベンジマッチでもあります。

 

タパレスは31戦29勝12KO2敗、25歳。

大森は19戦18勝13KO1敗、24歳。WBO6位。

サウスポー同士の対戦となります。

タパレスはKO率は低いですが、ここ3試合はすべてKO勝ちしています。

しかし、穴もあります。

序盤にプンルアンのボディブローでダウンした時は、もし生で見ていたら、「これで終わった」と誰もが思ったでしょうね。まあ、そこから大逆転でKO勝ちした底力もたいしたもですけど。

 

www.boxing-blog.com

 

大森は多分、サウスポーが苦手なんでしょうね。どうも距離感がつかみにくような気がします。

パンチ力もスピードも大森が上回っていると思いますが、前回は出会いがしらのパンチに沈んだ感じがします。

 

www.boxing-blog.com

 序盤に上手く距離感をつかめば、ボディで倒せるような気がするのですが。甘いですか?