読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

見どころは1ラウンドだけ。ディフェンス合戦に終始したビッグマッチ キース・サーマンVSダニー・ガルシア

▼スポンサーリンク

▼最新記事

キース・サーマン(アメリカ)VSダニー・ガルシア(アメリカ)

WBA・WBC世界ウェルター級王座統一戦(2017年3月4日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170413111753j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170413111813j:plain

(出典:WOWOW)

キース・サーマンはWBA王者。28戦27勝22KO1ND、28歳。

ダニー・ガルシアはWBC王者。33戦全勝19KO、28歳。

ガルシアはルーカス・マティセ以来3年間、「勝てる相手」だけを選んで安全な試合ばっかりでしたので、久しぶりに危険な相手との対戦となります。

しかも、アミール・カーン戦で見せた左フックも湿りがちで、完全にチキンな技巧派のイメージが定着しました。

サーマンもショーン・ポーターに大苦戦し、私としては若干がっかりし、評価を少し下げています。

つまり、王座統一戦ではありますが、それほどのビッグマッチではない、と思っています。そして、どちらが勝っても判定かな、と。

 

序盤はサーマンがペースを握る

早い話、この1ラウンドがこの試合のすべてだったような気がします。

ガルシアが左フックのカウンター狙いに固執するのに対し、スピードに勝るサーマンは速いステップインで先に仕掛けペースをつかみます。

そして、思い切って飛び込みオーバーハンドの右をヒットし、ガルシアをぐらつかせました。

f:id:stonemeintothegroove:20170413114215j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170413114223j:plain

(この一発で序盤のペースを握りました)

f:id:stonemeintothegroove:20170413114316j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170413114322j:plain

(この試合で唯一ダメージのあったパンチです)

序盤の3ラウンドを支配したサーマンが、結局勝利をものにしました。

 

中盤からガルシアが盛り返す

ペースを握ったサーマンも中盤は手数が極端に減り、ガルシアもようやくサーマンのスピードに慣れてきた感じです。

ディフェンスのいいサーマンの顔面に、パンチを当てるのは容易ではないと判断したのか、ガルシアは中盤からボディブローへパンチを切り替えます。

しかし、お互いクリーンヒットが極端に少なく、手数も少ないお見合いの場面が多く、会場からはブーイングが聞こえます。

ガルシアは決して危険を冒すような攻撃はしません。チキンハートですね。

その点では勇敢に飛び込み、危険な距離でパンチを打ちこむサーマンに軍配が上がります。

 

終盤はサーマンが逃げ切り

それほど明確にポイントをリードしてるとは思えないサーマンは、終盤、フットワークを使い、時折ワンツーをヒットするだけで、明らかに逃切りを測っているように見えました。

しかし、ガルシアも追う足がなく、ヒットするパンチもガードの上からで、相変わらず危険な打ち合いはしません。

最後まで「湿った」左フックのカウンターで一発逆転を狙うだけで、前に出ていてもサーマンに先にパンチをヒットされる始末。

せっかく中盤に効果があったボディブローも影を潜め、最後まで単調な攻撃に終始しました。

 

判定は2-1(116-112、115-113、113-115)でサーマンが辛勝。最後の2ラウンドに、サーマンがもう少し積極的なボクシングを展開していれば、もっと明確な勝利をものにしていたと思います。

いずれにしても、結局ディフェンス合戦に終始したビッグマッチは、スキルは高いかもしれませんが、「凡戦」でした。

ガルシアは今更言うまでもありませんが、サーマンにもがっかりしましたね。

リマッチは絶対に必要ありません。

 

私にとっては、まもなく正式に対戦が決まる予定の、ケル・ブルック(イギリス)VSエロール・スペンス(アメリカ)のIBF世界ウェルター級タイトルマッチの方が、はるかに魅力的です。