読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ジャーメル・チャーロに強敵現る! エリクソン・ルビンVSホルヘ・コタ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

エリクソン・ルビン(アメリカ)VSホルヘ・コタ(メキシコ)

WBC世界Sウェルター級挑戦者決定戦(2017年3月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170412132520j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170412132527j:plain

(出典:WOWOW)

エリクソン・ルビンは「ボクシングマガジン4月号」でも紹介されていましたね。

17戦全勝12KO、21歳のスタイリッシュなサウスポーです。WBC4位にランクされています。

 

2015年12月のルビンの試合(ウォータースのアンダーカードに登場)   ↓

 

www.boxing-blog.com

 

 

ホルヘ・コタは26戦25勝22KO1敗、29歳。WBC7位。

コタはスイッチヒッターです。

 

 

コタはすぐに左にスイッチ

最初は右構えだったコタは、ルビンのプレッシャーに対抗すべく、すぐにサウスポーにチェンジしました。

重心を極端に後ろにした変則的なスタイルです。

右ひざにサポーターをしていたところを見ると、ひょっとしたら、右ひざを痛めていたのかもしれません。ほとんどフットワークを使わなかったような気がします。

 

コタの変則的な構えと、やはりサウスポースタイルに、ルビンは少しやりにくそうでした。

しかし、実力差は歴然としている感じでしたね。

 

3ラウンドにオーバーハンドの左がヒット

少し気になったのは、ルビンがコタをコーナーに詰めてパンチを放つときに、結構ガードが甘くなることです。

しかし、オーバーハンドの左がヒットすると、そこからの追い打ちはさすがですね。フィニッシュは時間の問題かな、と思わせる隙のない攻撃力でした。

f:id:stonemeintothegroove:20170412135601j:plain

(この左が良く伸びます。リーチも長いですね)

そして、フィニッシュブローも同じパンチでした。

f:id:stonemeintothegroove:20170412135808j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170412135815j:plain

(距離の測定がばっちりでしたね)

輪島公一さんばりの屈伸運動のあと、豪快に左がコタの顎をとらえ、コタはたまらずダウンしました。

大の字にダウンしましたが、なんとか立ってきました。しかし、レフリーは続行を許しませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20170412140047j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170412140058j:plain

(大の字に倒れダメージは深刻)

f:id:stonemeintothegroove:20170412140430j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170412140437j:plain

(完全に狙い打ちです)

コタはダウンして立ってくるとき、やはり右ひざが痛そうな感じでしたね。

それにしても豪快な一発KOでした。

 

さあ、次はいよいよ世界挑戦です。しかも相手は、チャーロ兄弟の弟、ジャーメル・チャーロです。

ジャーメルは兄と違って「テクニックの選手」です。しかし、前回のジャクソン戦ではその華麗なテクニックが影を潜め、力づくで勝ったような感じでした。

  

www.boxing-blog.com

 

 チャーロが前回と同じような戦い方をすると、ルビンにかなりチャンスがありそうですね。

 さてルビンの強打がジャーメル・チャーロを仕留めるでしょうか。楽しみです。

一応、チャーロは、1位のチャールズ・ハットリ―との防衛戦がありますが、これは問題なく勝つでしょう。