読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)WBA世界Sバンタム級タイトルマッチ 久保がなんと逆転TKOで王座獲得! ネオマール・セルメニョVS久保隼

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)VS久保隼

WBA世界Sバンタム級タイトルマッチ(2017年4月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20170410102124j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170410102136j:plain

(出典:カンテレ)

チャンピオンのセルメニョはこれが3度目の防衛戦です。

33戦26勝15KO5敗1分け、1NC、37歳。右構えのオーソドックススタイルです。

久保はこれが初めての世界戦。東洋太平洋のタイトルを2度防衛しています。

11戦全勝8KO、27歳のサウスポーです。WBA8位にランクしています。

身長168㎝のチャンピオンに対し、久保は176㎝の長身です。

セルメニョが長身のサウスポーを苦にするかどうか、ですが、33戦のベテランですから、恐らく久保にとってはそれほどアドバンテージになるとは思えません。

まあ、順当に考えれば、明確な判定で王者が防衛すると思います。

 

 

試合経過)

1R)

試合前の久保の表情は落ち着いていますね。

ただ、前置きが長いです。さっさと試合を始めてよ~

先ほど、大本命「ソウルスターリング」が桜花賞で直線まさかの失速。セルメニョにも失速してほしいですね。

国歌の斉唱の時のセルメニョは、憎いほど自信たっぷりでした。

 

久保は右はよく出ています。左のボディブローもいいですね。

久保が積極的に前に詰めて、なかなか立ち上がりはいいと思います。

 

2R)

久保の左は結構当たりますね。久保は自分の距離で戦えています。セルメニョの右がヒットしました。結構重い感じです。久保は右ジャブが減ってますよ。

3R)

久保のリズムはいいですね。久保が常に先手を取っているのがいいと思います。久保の左のボディブロ―が効果的にヒットしています。しかし、後半セルメニョも強引に久保の懐に入ってきました。

4R)

セルメニョは久保の打ち終わりを狙っています。ようやくセルメニョが出てきました。

少し、セルメニョの距離になってきた感じです。

久保が少し押されてきています。

5R)

セルメニョの手数増えてきました。やはり久保すこし押されていますね。

セルメニョは久保の左が見えてきた感じがします。久保の手数が減ってきました。

6R)

久保はまだセルメニョのパンチは見えていますね。

久保の左ボディがヒットしました。接近戦でかなり久保のボディがヒットし、セルメニョの背中が曲がってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170410102241j:plain

(このボディブローがセルメニョを最後まで苦しめました)

この回は久保の左がよくヒットします。

7R)

セルメニョの右目が腫れています。

f:id:stonemeintothegroove:20170410102405j:plain

久保が積極的に攻勢をかけます。セルメニョは下がり、カウンターのビッグパンチを狙っています。しかし、またも久保の左がヒット。

おっと、久保がセルメニョの右フックを不用意にもらいました。少し効いたようです!

f:id:stonemeintothegroove:20170410102457j:plain

(このセルメニョの右が効きましたね)

さらにセルメニョが追い打ちをかけて右をヒットし、久保ダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170410102557j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170410102603j:plain

(セルメニョのワンツーをまともにもらってしまいました)

f:id:stonemeintothegroove:20170410102653j:plain

かなりダメージがあるようですが、なんとか立ってきました。

セルメニョがとどめを刺しに来ますが、久保は必死にこれを凌ぎます。

8R)

このラウンド、久保は少し落ち着いたようです。打ち疲れたセルメニョはビッグパンチ狙いです。久保のボディが決まり、何とか久保がペースを取り戻した感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20170410102822j:plain

しかしまた右もらう。危ないですね。

しかし、セルメニョは明らかに失速してます。でも右はまだ怖いですよ。

9R)

久保は、とりあえずペースを戻しました。

しかし、久保も少し集中力欠き、不用意にパンチをもらうようになってきました。セルメニョのパンチは意外と重いですね。

久保はスピードも少し落ちてきた感じです。

セルメニョはかなり疲れていますが、右のパンチは怖いですよ。

10R)

パンチ力はセルメニョが上ですね。

また、セルメニョ攻勢をかけてきました。久保がセルメニョの左もらいました。少しパンチをもらいすぎます。しかも久保のパンチは軽いですね。

セルメニョはかなりばてているが、それでもまだパンチに力は残っています。

f:id:stonemeintothegroove:20170410102854j:plain

(10R終了後にセコンドに右手を振っていました。ギブアップのサインでしょう)

11R)

えっ!セルメニョが立ってこないぞ。どうやらどこかを痛めて棄権ということらしいです。

どうしたんだろう?セルメニョ。

f:id:stonemeintothegroove:20170410103005j:plain

(11R5秒、久保がTKO勝ち)

とにかく、久保は、まさかまさかの逆転TKO勝ちですよ。

しかも、ここまでの公式ジャッジの採点は、2-1でセルメニョがリードしていたようです。

 

信じられないことですが、セルメニョはもう戦う力が残っていないので、ギブアップしたようです。10Rに勝負をかけて倒せなかったので、あきらめたのでしょう。予想以上にスタミナが切れていたようですね。