わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

村田諒太&比嘉大吾&拳四朗、5月20日の世界戦3試合の結果予想・・・ヌジカム、エルナンデスに勝つ実力は?

▼最新記事

ハッサン・ヌダム・ヌジカム(フランス)VS村田諒太

WBA世界ミドル級王座決定戦(2017年5月20日)(有明コロシアム)

f:id:stonemeintothegroove:20170404110217j:plain

ヌジカムはWBAミドル級の暫定王者です。不思議なのは名前です。

最近のネットや新聞では、ハッサン・ヨンダム、となっています。

「Hassan N'Dam N'Jikam」まあ、普通に読めば「ハッサン・ヌダム・ヌジカム」となりそうですが、どうして「ヨンダム」なのでしょうか。名前を変えたのかな。

 

ともかく、紆余曲折があったようですが、最初の報道通りに決まりましたね。

 

www.boxing-blog.com

 

 

 

ファン・エルナンデス(メキシコ)VS比嘉大吾

WBC世界フライ級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170404111458j:plain

エルナンデスは3月4日に、WBC世界フライ級1位のナワポン・ソー・ルンビィンサイとWBC世界フライ級王座決定戦を行い、3回2分29秒TKO勝ちを収め王座を獲得しています。

36戦34勝25KO2敗、30歳。オーソドックススタイルのハードパンチャーです。2011年8月に井岡一翔のもつWBC世界ミニマム級タイトルに挑戦して判定負けしています。

しかし、フライ級ではかなりパワーアップしてそうですね。

 

比嘉は12戦全勝12KOのパーフェクトレコードを持つ、21歳。

お互い右構えのハードパンチャー同士。かみ合いそうですね。

比嘉にとっては、過去最高の難敵であることは間違いありません。

気になるのは、比嘉の最近のボクシングが少し雑になっていることです。

私は、比嘉の攻勢が封じられ、エルナンデスの判定勝ち、という予感がします。

 

ガニガン・ロペス(メキシコ)VS拳 四朗

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170404112321j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170404112327j:plain

 

www.boxing-blog.com

 ガニガン・ロペスは昨年3月に、木村悠に判定勝ちしてでタイトルを獲得しています。

34戦28勝17KO6敗、35歳のサウスポーです。

拳四朗は9戦全勝5KO、25歳。先日、世界挑戦のため日本タイトルを返上しました。

 ロペスは木村戦を見る限り、前に出るパワーぐらいで、パンチ力もテクニックもスピードも拳四朗の方が上ですね。

165㎝のロペスに対し、拳は164㎝。パワー負けすることはないでしょう。

となると、拳四朗がサウスポーを苦にしない限り、負ける要素はないと思います。