読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

2015年&2016年の新人王3人がKOでそろい踏み 梶颯&福永亮次&永野祐樹

▼スポンサーリンク

▼最新記事

梶颯(帝拳)VSスリヤ・ブッタルクサ(タイ)

Sフライ級6回戦(2017年4月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20170402114339j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402114346j:plain

(出典:日テレG+)

野球が延長の場合、放送時間が変更になる可能性がありましたが、予定通り午後5時45分から始まりホットしました。

相撲の放送みたいに、ビール片手に、4回戦から順番に試合を見ていくのはいいものですね。ホント至極の時間です。

今年も新人王の予選がスタートしました。どんな新星が勝ちあがってくるのか、楽しみです。

 

この日は、2015年と2016年の新人王3人が登場しました。

 

トップバッターは2015年のSフライ級新人王、梶颯です。

6戦全勝5KO、19歳。日本Sフライ級11位、帝拳ジム期待のハードヒッターです。

スリヤ・ブッタルクサは15戦8勝1KO7敗、17歳。言わずと知れた、タイの観光ボクサーです。梶に比べるとかなり小柄に見えます。

 

試合が始まってすぐに、梶の左右パンチが簡単にヒットします。

まだコンパクトなパンチですが、これは力の差があまりにもありすぎですね。

そして2分過ぎ。梶がロープに詰めてパンチをまとめると、スリヤはたまらずダウン。これだけパンチをもらうと、もう立てないでしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20170402120124j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402120132j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170402120158j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402120151j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170402120217j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402120224j:plain

(放つパンチがすべてヒット。最後の止めは左フック)

f:id:stonemeintothegroove:20170402120238j:plain

(スリヤはしばらく立ってきませんでした)

勝った梶の顔は、全くうれしそうではありませんでしたね。この相手ならジムでスパーリングしている方がいいかもしれません。

 

福永亮次(宮田)VS垣永喜信(帝拳)

Sフライ級8回戦(2017年4月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20170402121032j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402121038j:plain

(出典:日テレG+)

福永は2016年のSフライ級新人王です。

10戦8勝8KO2敗、30歳。日本Sフライ級14位。こちらも梶に負けず劣らずハードヒッターですよ。

しかし、相手の垣永も8戦6勝2KO2敗、23歳。帝拳ジムのホープです。

タイの観光ボクサーを相手にするみたいにはいきません。

新人王、福永の真価が問われる一戦とも言えます。

 

序盤は垣永のペースで進みました。左ジャブで距離を取り、福永の打ち終わりを狙い、カウンターをヒットします。

前に出てとにかく左を当てたいサウスポーの福永ですが、垣永のテクニックに阻まれ、なかなか自分のペースをつかめません。

 

しかし、4ラウンドにようやく福永の左がクリーンヒットし、垣永はピンチに陥りました。5ラウンドは福永のパンチで垣永が左目をカットします。

f:id:stonemeintothegroove:20170402123022j:plain

(4ラウンドの福永に左は効きました)

これで流れが福永に傾きました。このまま押し切るかと思いましたが、垣永もしぶといですね。

6ラウンドに、やや疲れの見える福永が垣永の反撃にあいます。

f:id:stonemeintothegroove:20170402124003j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402124009j:plain

(動きの悪くなった福永に垣永のパンチがヒット)

最後に勝負を決めたのはやはりパンチ力の差でした。

7ラウンドにプレッシャーを強め勝負にでた福永の猛攻に、垣永はカットした目の傷を盛んに気にするようになり、押されっぱなしになったところで、帝拳のセコンドからタオルが投入されました。

f:id:stonemeintothegroove:20170402124252j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402124316j:plain

(福永の猛攻にさらされる垣永を、心配そうに見つめる浜田代表)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170402124235j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170402124243j:plain

(タオルが投入され、あっけない幕切れ)

まだまだ戦えそうに思えましたが、少し戦意喪失気味だったのかもしれません。

それにしても最近、帝拳ジムのタオル投入は早いですね。

次は、梶颯VS福永亮次がぜひ見たいと思います。

 

新人王の最後に登場したは、ウェルター級の永野祐樹です。2015年の新人王です。

これも梶戦同様、完全なミスマッチでした。引退を間近に控えた36歳の選手でしたが、全く試合にならずにあっさり1ラウンドKO勝ちで終わりました。