読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

さぁ!次はマイキー・ガルシアだ ホルヘ・リナレスVSアンソニー・クロラ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSアンソニー・クロラ(イギリス)

WBA世界ライト級タイトルマッチ(2017年3月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20170329105829j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329105835j:plain

(出典:WOWOW)

私には、なぜダイレクトリマッチをやるのかわかりません。それほどの激戦でも、微妙な判定でもなかったと思います。

おそらく、「お金」で実現したのでしょうね。ゴールデンボーイのオスカー・デラホーヤ氏が画策したようです。

余談ですが、デラホーヤ氏は顔がパンパンに膨らんでいて、ひょっとしたら現役時代から2倍ぐらいに太ったンじゃないでしょうか。

とにかく、マンチェスターの会場にこれだけの観衆を集めたのですから、大したものですね。細かいルールより、プロの世界ではまずお金が優先するのは仕方がなことです。

でも、クロラみたいなつまらないボクサーに、なぜこんなに人気があるのか不思議でなりません。まあ、男前ですけどね。

 

ホルヘ・リナレスは44戦41勝27KO3敗、31歳。

アンソニー・クロラは39戦31勝13KO5敗3分け、31歳。前WBA王者です。

 

 

リナレスがスピードの違いで圧倒

リナレスは、2ラウンドにリズムをつかむと、3ラウンド以降は、前に出てプレッシャーをかけてくるクロラに、コンパクトなカンターを再三ヒットします。

クロラは前に出るものの、パンチの距離がつかめず、リナレスのフットワークにことごとくかわされていましいます。

この日のリナレスは右アッパーが冴えわたっていました。クロラが接近したところへ、絶妙の右アッパーをヒットさせ、これが面白いようにヒットしていました。

 

ダウンを奪ったのは左アッパー

完全にクロラのパンチを見切ったリナレスは、前に出てプレッシャーを強めるクロラにコンパクトなカウンターをヒットさせ、右アッパーでクロラの顎を跳ね上げます。もう、やりたい放題です。

そして、7ラウンド。クロラの右をダッキングでかわし、左アッパーをカウンターで黒なの顎をかすめるようにヒットさせると、クロラはガクッと前に崩れ落ちるようにダウンしました。

ダウンの仕方を見ると相当ダメージがあるように思えましたが、立ってきたクロラはリナレスのラッシュに耐え、リナレスも深追いをしませんでした。

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20170329112513j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329112521j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329112533j:plain

(クロラの右をダッキングでかわし、左アッパーをカウンターでヒット)

f:id:stonemeintothegroove:20170329112534j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329113100j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329113107j:plain

(左アッパーが顎をかすめ、クロラは前に崩れるようにダウン)

 

ダウンを奪った後リナレスが失速

KOチャンスの8ラウンドは、クロラが逆に反撃に転じました。

前のラウンドでスタミナを消耗したのか、リナレスは少し集中力を欠き、不用意にクロラのパンチを浴びるなど、プレッシャーを強めたクロラに押され気味になります。

リナレスも、要所要所でコンパクトにカウンターをヒットし、完全にクロラにペースを譲ることはありませんでしたが、全体的にはクロラのパワーに押され気味で、動きに前半ほどのキレがなくなってきました。

後半のリナレスのボクシングは少し雑な感じで、これが生放送ならかなり不安を感じたと思います。

f:id:stonemeintothegroove:20170329114209j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170329114217j:plain

(コンパクトなカウンターでクロラの前進を捌く)

クロラは本当にタフで体幹が強いですね。

リナレスは、最後までパンチのスピードが落ちることなく、クリーンヒットの数では上回るものの、時折集中力を欠く、悪い癖が目立ったような気がします。

 

それでも、採点はリナレスの大差判定勝ちでした。3者とも118-109で、全く私の採点と同じでした。

しかし、点差ほど楽な試合ではなかったと思います。

クロラはこれといったテクニックもパンチ力もありませんが、スタミナと体幹の強さだけはリナレスを上回っていましたね。

 

さぁ、いよいよ次はマイキー・ガルシアです。

ガルシアのパンチを完封し、コンパクトなカウンター、特に右アッパーをヒットさせることが出来れば、勝つチャンスもあると思いますが、12ラウンド集中力を欠かさず戦うのは大変なことです。

スピードではリナレスでしょうが、リナレスの場合はこのスピードを駆使するとスタミナをかなり消耗するような気がします。集中力を欠いて、ガルシアの強打をあびたら、その時点で終わってしまうでしょう。