わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ゲンナディ・ゴロフキンVSダニエル・ジェイコブス戦結果 4ラウンドにジェイコブスがダウンしましたが、ゴロフキンはついに倒せず判定勝ち

▼最新記事

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSダニエル・ジェイコブス(アメリカ)

WBAスーパー・WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2017年3月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20170320115705j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320115721j:plain

(出典:WOWOW)

この世界戦には当初、IBFのタイトルもかかっていたのですが、ジェイコブスが当日計量に現れなかったということで、IBFのタイトル戦として承認されませんでした。

IBFだけが当日計量を義務付けており、たしかリミットを10ポンド以上オーバーしてはいけないことになっていたと、思います。

ちなみに私はこのルールに賛成です。

 

ゴロフキンは36戦全勝33KO、34歳。

ジェイコブスは33戦32勝29KO1敗、30歳。

 

ゴロフキンは私の目から見ると、最近、危うい試合が続いているように思えます。

 

ゴロフキンは18連続KO防衛という記録がかかってるようでが、私はこういう記録にはあまり興味はありません。

やっぱり大事なのは試合内容です。

一方のジェイコブスは、ピーター・クイリンにTKOして一躍その評価を上げました。

この試合はいずれにしてもKO決着ですね。すごい試合になると思いますよ。

 

 

試合経過)

1R)

まだロマゴンの敗戦のショックが尾を引いています。

さあ、気持ちを切り替えて試合を楽しみましょう。

流れはジェイコブスですね。

しかし、リング上のゴロフキンの表情には余裕が感じられます。

ジェイコブスの方が少し硬いか?

 

ゴロフキンがプレッシャーをかけます。お互いに左ジャブの差し合いです。

まだ様子を見ています。

お互いに怖いパンチを1発ずつ空振りしました。

2R)

ゴロフキンが前にでてプレッシャーをかけます。ジェイコブスはスイッチしました。

お互いに手数が少ないですが、ジェイコブスの左ジャブに解説者はポイントを与えました。

3R)

ゴロフキンが前にでてプレッシャーをかけます。ジャブも出だします。

しかし、まだだまお互いが警戒していますね。ジェイコブスの左がヒットしました。

4R)

ごろふきんがジャブを打って前に出ます。

そして、サウスポーにスイッチしたジェイコブスに、ゴロフキンが一気右ストレートを叩き込み、ジェイコブスがダウン!しました。

f:id:stonemeintothegroove:20170320115832j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320115839j:plain

(右ストレートのダブル)

f:id:stonemeintothegroove:20170320115938j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320115947j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20170320120003j:plain

立ってきたジェイコブスを、ゴロフキンが左ジャブで追いつめます。

 5R)

少しずつゴロフキンのペースに。

プレッシャーをかけるゴロフキンに対し、ジェイコブスはサウスポーで対抗します。

やはりゴロフキンはサウスポーで距離を取られると、やりにくそうです。

6R)

ゴロフキンが前に、ジェイコブスはサウスポーで距離を取ります。

ジェイコブスも時折いいパンチをヒットします。

パンチのスピードはジェイコブスの方がありそうです。

ゴロフキンは少し攻めあぐねています。

7R)

ジェイコブスは下がりながらもパンチを放ち、ゴロフキンの接近を許しません。

ゴロフキンの手数が減りました。サウスポーのジェイコブスに少し手を焼いているように見えます。

8R)

ゴロフキンが強引に攻め立てますが、ジェイコブスがそれをうまくさばきます。

なんだか、判定決着の予感がします。お互いにクリーンヒットが少ないですね。

9R)

ゴロフキンがまたプレッシャーを強めます。しかしパンチがあまり出ません。

ゴロフキンの右アッパーがヒット。これはジェイコブス、かなり効いたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170320120029j:plain

(必殺のアッパーがさく裂しましたが、ジェイコブスは体が柔らかい)

しかし、ジェイコブスはなんとか切り抜けました。

10R)

ジェイコブスは下がらず必死に応戦します。

ゴロフキンもなかなか攻め切れませんね。ジェイコブスもしぶといです。

まだまだパンチ力もあるようで、ゴロフキンも強引にいけません。

11R)

 お互い疲れてきたようです。この回はジェイコブスが反撃します。

ジェイコブスはなかなかテクニックがありますね。ゴロフキンが結構被弾しています。

12R)

このままではジェイコブスは勝てません。

ゴロフキンが積極的に攻めます。しかし、ジェイコブスのパンチもヒットします。

ゴロフキンもさすがに疲れたようです。

 

ゴロフキン、ついに判定決着です。KOできませんでした。

 

お互いパンチを警戒しすぎて、スリリングではありましたが、パンチの交錯する場面が少なかったように思います。もう少し打ち合ってほしかったですね。

 

さて、解説陣は微妙な判定と読んでいるようですが、私はゴロフキンだと思っています。

115-112

115-112

114-113

3-0でゴロフキンが防衛に成功しました。

ジェイコブスは予想以上にスキルの高さを見せました。

ゴロフキンは4ラウンドに、ジェイコブスがサウスポーにスイッチした瞬間の隙をついてダウンを奪いましたが、その後はそのサウスポースタイルに最後まで手を焼きました。

この二人はリマッリの方が面白い試合をするような気がします。

 

とりあえず、これでWBAの正規王座が空位になりました。

ここは村田諒太の出番でしょう!