読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ローマン・ゴンザレスVSシーサケット・ソールンビサイ戦結果 井上尚弥もびっくり! ロマゴンが1ラウンドにダウンし判定負けで王座転落

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)VSシーサケット・ソールンビサイ(タイ)

 

WBC世界Sフライ級タイトルマッチ(2017年3月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20170320120405j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320120412j:plain

(出典:WOWOW)

ローマン・ゴンザレスは40戦40勝38KO、29歳。

シーサケットは46戦41勝38KO4敗1分け、30歳。

 

ゴンザレスは前回、クアドラスに大苦戦し、辛勝でタイトルを獲得しました。

やはりSフライ級ではフィジカル面で、かなりきついような気がします。身長はお互い160㎝ですが、体幹は確実にシーサケットの方が上でしょう。

シーサケットはクアドラスに負傷判定で敗れていますが、あの負傷がなければ勝っていたとう意見も聞かれます。

1発のパンチでは、むしろシーサケットの方が上かもしれません。

ゴンザレスにとっては最も危険な相手と言えるでしょう。

初黒星の予感がします。

 

試合経過)

両選手が入場するところです。さあ、いよいよ試合が始まります。

1R)

シーサケットはサウスポースタイル。

サウスポーの左は強そうです。ロマゴンはまだ様子見です。

お互いにパンチを交錯し、シーサケットの右ボディでロマゴンがバランスを崩し、ダウン!

f:id:stonemeintothegroove:20170320120510j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320120519j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170320120532j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320120539j:plain

(パワーの差で倒されたようなダウンです。)

f:id:stonemeintothegroove:20170320120655j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320120702j:plain

(シーサケットのパンチがボディにヒットしていますが、ロマゴンがバランスを崩して倒れた感じです。それにしても、ロマゴンの初めてのダウンシーンです)

 

2R)

シーサケットがプレッシャーをかけます。

ロマゴンはまだリズムが取り戻せません。ロマゴンが押されています。

 3R)

シーサケットが先手を取ります。ロマゴンのパンチもヒットしますが、いつもの威力がありません。

カットしたロマゴンが勝負に出ました。やっとロマゴンが前に出ます。

うまさではロマゴンですが、パワーはシーサケットの方が上ですね。

4R)

ロマゴンが前に出ます。少しリズムが良くなってきました。

クリーンヒットではロマゴン。

しかし、シーサケットも押し返してきます。パワーがありますね。

終盤のロマゴンの連打は良かったですね。

5R)

ロマゴンはかなり無理をして打ち合っています。後半のスタミナが不安です。

それにしても、シーサケットは手数が多い。

終盤、ロマゴンが連打でシーサケットをロープに詰めます。

6R)

 またもバッティング!

ようやくロマゴンがペースをつかんできたようです。右はよくヒットします。

しかし、シーサケットも応戦します。

シーサケットはボディが効いたようです。少し動きが悪くなってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170320120900j:plain

(このボディブローは効果的だったと思います)

そして、またバッティング!ついにシーサケットが減点されました。でも、ロマゴンの出血もひどくなってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170320120942j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170320120948j:plain

(初回のダウンに続きこの流血もロマゴンには不運でしたね)

7R)

ロマゴンもパンチを被弾するようになりました。

ロマゴンの勢いが少し止まった感じです。シーサケットが盛り返します。

この回は完全にシーサケットのラウンドです。ロマゴンは失速。

8R)

 またロマゴンの的中率が戻ってきました。シーサケットはプレッシャーをかけますが、的中率は落ちてきました。

シーサケットは前のラウンドで少し力を使い過ぎたようです。疲れてきた感じですが、ロマゴンも相当スタミナを使っていますよ。

9R)

とにかく消耗戦です。

シーサケットがまた攻めてきます。まだまだ、力を残していますよ。

ロマゴンが完全にペースを握っているような感じではありません。

10R)

どうもロマゴンのパンチがあまり効かないようです。クリーンヒットしてもシーサケットにあまりダメージを与えている感じはありません。

クリーンヒットではロマゴンですが、シーサケットの顔にはまだ余裕が感じられます。

11R)

ロマゴンは距離を取ります。シーサケットも思ったほど来ません。

ポイントで勝ってるつもりなのでしょうか。シーサケットも距離を取ります。

12R)

この回は大事です。

微妙な採点でしょうね。

ロマゴンも疲れていますね。後半、ロマゴンが連打します。しかし、倒し切れません。

シーサケットは逃げに回っています。やはり、ポイントでリードしているつもりでしょうね。

終盤も、ロマゴンは最後の力を振り絞って連打しました。ものすごいスタミナです。

そして、大苦戦でしたね。

 

さて、判定は?

113-113

114-112

114-112

で、えっ、シーサケットの判定勝ちです。そんなバカな!

初回のダウンは痛かったですが、でもこの判定はないでしょう。

ローマン・ゴンザレス、ついに負けました。予感が的中しました。