読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

もうこんなやつ要らんで!エイドリアン・ブローナー VSアドリアン・グラナドス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

エイドリアン・ブローナー(アメリカ)VSアドリアン・グラナドス(アメリカ)

ウェルター級10回戦(2017年2月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20170317101154j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170317101205j:plain

(出典:WOWOW)

この試合、当初は142ポンドのキャッチウエイトで行われる予定だったそうですが、1か月前にブローナー側から「体重が落ちないので、ウェルター級リミット(147P)に変更してほしい」と打診し、グラナドス陣営が了承したという、とんでもない経緯があったようです。

まあ、しかしこのぐらいのことは、ブローナーにとっては何でもないことかもしれません。

ブローナーはご存知の通り、体重超過の常習犯ですからね。

 

彼が最高のパフォーマンスを見せていたのは、Sフェザー級時代ですね。そして階級を上げるに従い、どんどんつまらないボクサーに成り下がっていきました。

そして、度重なる体重超過。もうボクサー失格ですね。

私はボクサーの私生活には基本的に興味がありませんが、こいつはちょっとひどすぎます。ボクサーである前に人間失格ですよ。永久追放されないのが不思議です。

  

ブローナーは35戦32勝24KO2敗1NC、まだ27歳です。

グラナドスは24戦18勝11KO4敗2分け、同じく27歳です。

平凡な戦績ながら、無敗のアミール・イマムにTKO勝ちして、WBAのSライト級4位にランクしています。

しかし、この試合、イマムが自滅した感じで、決してグラナドスが強いとは思えませんでした。

 

www.boxing-blog.com

 

前半はグラナドスも頑張った

ブローナーの身体能力はウェルター級でも健在で、パンチのスピードではグラナドスを圧倒していました。

しかし、グラナドスも積極的なボクシングと手数でこれに対抗します。

前半はブローナーもこのグラナドスのしつこいボクシングを持て余し、手数が少なく、なかなかクリーンヒットを奪えません。

 

浜田さんがブローナーを評して、「自信満々なのはいいんでが、ちょっと自信過剰でしょうね」とまさに的を射たコメントをしていました。さすが、浜田さんですね。

 

後半は実力差が明確に

前半、頑張ったグラナドスですが、後半から徐々に失速。

さすがに負けるわけにはいかないブローナーは、逆に後半から少し真面目にボクシングをし出します。

下がってさばいていたぐーたらボクシングから一転し、前に出てもみ合う展開になり、さらに左右フックをヒットさせ、グラナドスは明らかに動きが悪くなってきました。

ここで倒して勝てば、少しは汚名を返上できたのでしょうが、今のブローナーには倒すだけのパンチ力はありません。

 

2-1(97-93、97-93、94-96)のスプリットデシジョンでした。

グラナドスの勝ちとしたジャッジの気持ちはわかりますけど、ブローナーが3~4ポイントは勝っていたでしょう。いずれにしてもつまらない凡戦でした。

最近、人気に胡坐をかいている選手が多くなりましたね。

悪童ブローナー!早く引退してください。