読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

レイモンド・ピーターソンが1年4か月振りに王座へ復活 VSダビド・アバネシャン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ダビド・アバネシャン(ロシア)VSレイモンド・ピーターソン(アメリカ)

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年2月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20170314130227j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170314130246j:plain

(出典:WOWOW)

ダビド・アバネシャンはシェーン・モズリーに勝って、暫定王座の初防衛に成功しています。

そして、キース・サーマンがスーパー王者に昇格したのに伴い、正規王者に昇格しています。

24戦22勝11KO1敗1分け、28歳。

浜田さんが「もう少しパンチがあれば」というように、このクラスとしてはKO率が低いですね。

 

レイモンド・ピーターソンはダニー・ガルシアに僅差の判定で敗れ、その後復帰戦は勝利で飾ったものの、これが1年4か月ぶりの試合となります。

38戦34勝17KO3敗1分け、33歳。

こちらも浜田さんによれば「あと一歩の決め手があれば」ということです。

 

 

ロープの張りが緩すぎる

この試合で一番気になったのは、リングに張られたロープがあまりにも緩すぎることです。途中でアバネシャンがあわやリング外転落か、という場面がありました。

しかし、ピーターソンはこの緩いロープをうまく利用して、アバネシャンのパンチをかわしていました。

 

序盤は前に出てプレッシャーをかけるアバネシャンに対し、ピーターソンは長いジャブで応戦します。

右へ左へスイッチするアバネシャンに、最初はピーターソンも戸惑いを見せていましたが、アバネシャンのパンチの威力を見切ったピーターソンが、ボディブローを中心に、今度は逆に前に出てアバネシャンを押し返します。

 

押し勝ったピーターソン

この押し合いは、ピーターソンに軍配が上がりました。

アバネシャンは完全にパワー負けです。

しかし、ピーターソンも「ナイスボディ!」は放つものの、クリーンヒットは少なく、アバネシャンに決定的なダメージを与えることが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20170314153628j:plain

(ナイスボディ!はヒットするが顔面へのパンチに正確性を欠く)

その後もパワフルなパンチでアバネシャンを圧倒し、押し負けたアバネシャンはなすすべなしの状態になっていきます。

 

倒しに行ったピーターソンだが決め手に欠く

後半からは完全にピーターソンがペースを握り、試合の興味はピーターソンがいつ倒すかに絞られてきました。

そして、11ラウンドにピーターソンが強引に攻勢をかけます。

中盤からあれだけ力任せにパンチを放っていたピーターソンですが、ホントにスタミナがありますね。

しかし、残念ながらアバネシャンを倒すには、今一つパンチのキレが足りません。

あと一歩まで追いつめますが、アバネシャンもチャンピオンの意地で、最後まで気持ちが切れずに持ちこたえました。

 

判定は3-0(115-113、116-112、116-112)で意外と差がついていませんでした。

前半のラウンドのほとんどがアバネシャンに流れたのでしょう。

ちなみに私は118-112。ラウンドごとの採点では違いがありましたが、トータルでは西岡さんと同じでした。

Sライトから上がってきたピーターソンですが、フィジカル面では十分ウェルター級で通用する思います。しかし、パンチのキレが今一つですね。

スター選手の多いこのクラスでは、地味な存在であることは否めません。

アバネシャンは身長171㎝と小柄で、このクラスではやはりパワー不足ですね。

 

話は大きくそれますが、村田諒太の世界戦はどうも難航しているようですね。

ハッサム・ヌダム・ヌジカム(フランス)とも開催地でもめているようで、正式に決定したわけではないようです。

ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)と並行して交渉中とのこと。一体、どうなっているのでしょうね。