読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロバート・イースターが最大13ポイントの大差判定勝ち VSルイス・クルス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ロバート・イースター(アメリカ)VSルイス・クルス(プエルトリコ)

IBF世界ライト級タイトルマッチ(2017年2月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170308133853j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308133901j:plain

(出典:WOWOW)

 ロバート・イースターは身長182㎝、リーチが193㎝と、ライト級としては破格に恵まれた体格をしています。

ただ、自分の距離で戦っているときは、圧倒的に強いのですが、好戦的なファーターの部分もあり、接近して連打をするとガードが甘くなり、カウンターをもらう危険性があります。

前回の王座決定戦でも、この悪い癖が出て、大苦戦しました。

 

www.boxing-blog.com

 18戦全勝14KO、右構えの26歳です。依然としてスーパースター候補であることは間違いないありません。

 

ルイス・クルスは15位ながら、侮れない実力の持ち主です。

なめてかかると、イースターはまた痛い目に合うかもしれませんよ。

27戦22勝16KO4敗1分け、31歳。同じくオーソドックススタイルです。

 

 

序盤は距離の違いで圧倒

2人がリング上で対峙すると、イースターが同じ階級とは思えないほど手足が長いのに驚かされます。

この階級で、この身長とリーチは反則ですよ。クルスも175㎝あるんですからね。

f:id:stonemeintothegroove:20170308134354j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308134415j:plain

(全く距離が違います。その長い距離から強烈な右ストレートが飛んできます)

イースターの左ジャブは速くて長いですね。この距離で戦われたら、クルスは全く手も足も出ません。

この日のイースターはさすがに慎重で、プレッシャーをかけて前に出ても、この距離を保ちながら攻めます。

クルスが良かったのは、5ラウンドに放った右フックだけでしょう。

それ以外のパンチは全く届きません。

 

中盤から距離を詰めて戦う

 

完全にペースをつかんだイースターは、中盤から距離を詰めて強引にパンチを放ちだします。

そして、ロープに詰めて上手く長い腕を折りたたみクルスに連打を浴びせます。

しかし、クルスも上体をうまく使い、クリーンヒットを許しません。クルスもカウンターで応戦します。なかなかしぶといボクサーです。強引に行くと、イースターがカウンターをもらいそうです。

私は、今度ホルヘ・リナレスと再戦するアンソニー・クロラよりいい選手だと思います。

それと、イースターも距離を詰めての連打は、どうもパンチの打ち方が雑になりますね。ディフェンスもやはり若干甘い感じです。

 

終盤はダウンを奪って一方的

最初のダウンは10ラウンドです。

イースターがボディを狙うと見せかけて、右ストレートを顔面に打ち込みました。

このフェイントが見事にヒットし、クルスがダウンしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170308153701j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308153724j:plain

(下から上へ打ち抜きました)

f:id:stonemeintothegroove:20170308153712j:plain

かなりダメージがあると思われましたが、クルスが右カウンターでイースターの追撃に応戦し、この回を逃げ切ります。

そして、11ラウンド。今度はロープに詰めて、右ストレートを狙い撃ち。

クルスは前のめりになりながら、やや遅れてダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170308154221j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308154229j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20170308154237j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308154244j:plain

誰しもこれで決まった!と思ったでしょう。ところがクルスは立ってきます。

一番驚いたのは、ダウンを奪ったイースターです。

「嘘だろ?」という表情で、仕留めにかかりますが、クルスはゴングに救われました。

さあ、最終回。イースターは完全に倒しに行きます。

そして、右フックで3度目のダウンを奪いました。

さすがにレフリーもストップするだろうと思いましたが、なんとカウントを取ります。

f:id:stonemeintothegroove:20170308154743j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170308154734j:plain

(右フックがクリーンヒットし、クルスは3度目のダウン)

そして、なんとクルスはまたもや立ってきました。

イースターが猛追しますが、クルスはなりふり構わず逃げ回ります。

ここでイースターは強引に倒すのを諦めたのか、深追いをしませんでした。

やはり、前回の悪夢がよぎったのでしょうか。

それにしてもイースターは、ダウンを奪ってからの追撃が下手ですね。接近した時のパンチの打ち方が雑で、やみくもに打っている感じがします。

もう少し相手をよく見て、自分の距離でパンチを放てば、スーパースターへの道も開けると思います。

 

 

とにかく、この試合、なんと判定まで持ち込まれました。

もちろん3-0(119-106、118-107、117-108)でイースターの完勝です。

ジョー小泉さんが「クルスに3ポイントも与えたジャッジはどこを評価したのでしょうね」と言ってましたが、全く同感です。

私の採点も119-106です。それより、私は、3度目のダウンでストップしても良かったと思います。その方がすっきりします。