読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

土屋修平がまさかの逆転KO負け、わずか3か月で王座転落 VS西谷和宏

▼スポンサーリンク

▼最新記事

土屋修平VS西谷和宏

 日本ライト級タイトルマッチ(2017年3月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170306154753j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170306154802j:plain

(出典:日テレG+)

 土屋は昨年12月に野口将志に王座決定戦で3RKOし、タイトルを獲得。これが初防衛戦です。

26戦22勝18KO4敗、30歳。

 

西谷和宏はこれが2度目のタイトル挑戦です。

21戦16勝8KO4敗1分け、29歳。日本ライト級1位の指名挑戦者です。

土屋のハードパンチがさく裂し、KOで防衛するだろうというのが大方の予想です。私も土屋の早い回でのKOを予想していました。

 

西谷の変則的な動きに王者はやりにくそう

西谷は少しタイミングの取りにくい、変則的なパンチを放ってきます。

土屋はこのパンチを時折被弾し、狙いすぎて強打が空転、序盤は西谷にペースを奪われます。

土屋も左ボディブローで西谷の動きを止めますが、西谷も左右ボディブローで対抗します。

f:id:stonemeintothegroove:20170306155436j:plain

(2ラウンドの土屋の左ボディはかなり効果がありました)

西谷はボディが効いているせいもあるのでしょうが、4ラウンドは時折サウスポーに変化し、右ストレートが土屋の顔面にヒットします。

f:id:stonemeintothegroove:20170306155625j:plain

(サウスポーに変化し、右を打つ西谷に土屋は苦戦)

 

5ラウンドのダウンで流れが一変

完全にペースを握り、リズムに乗ったボクシングをしていた西谷に、土屋の会心の右ストレートがさく裂し、ダウンを奪われました。

f:id:stonemeintothegroove:20170306160029j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170306160036j:plain

(このダウンで土屋がペースと取り戻しました)

5ラウンド終了時点での公開採点は、ジャッジ3人ともが47-47のドロー。

しかし、ようやく土屋らしい動きが戻ってきて、ペースを取り戻したように見えました。しかも西谷はボディが効いてきて、前半ほどのきびきびした動きがなくなってきました。

 

終盤までには土屋が西谷をとらえ、KO防衛するだろうと思いました。

 

まさかの西谷のアッパーカット

8ラウンドも土屋が積極的に左のボディブローをダブルで決めるなど、優位に進めていましたが、そこへまさかの西谷の左アッパーが見事に土屋の顎をとらえました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170306160707j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170306160810j:plain

(右ストレートでロープへ詰め、会心の左アッパーカット)

f:id:stonemeintothegroove:20170306160927j:plain

かなりダメージがあるようですね。なんとか立ってきた土屋に、またもや西谷のアッパーがさく裂し、2度目のダウン。レフリーがすぐにストップしました。

土屋はしばらく起き上がれないほど、ダメージがあったようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170306160756j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170306161043j:plain

(またも左のアッパーが土屋の顎をとらえました)

まさかの逆転TKO勝ちで、西谷がタイトルを獲得しました。

土屋はわずか3か月で王座転落。しかも5敗のうち4つがKO負けです。この打たれもろさは致命的ですね。