読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

このリマッチのどこが面白いのか「わしボク」にはさっぱり分かりません カール・フランプトンVSレオ・サンタ・クルス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

カール・フランプトン(イギリス)VSレオ・サンタ・クルス(メキシコ)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20170302114905j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170302114911j:plain

(出典:WOWOW)

カール・フランプトンは、Sバンタム級の時のようなパフォーマンスは、フェザー級ではほとんど出来ていないですね。

23戦全勝14KO、29歳。

レオ・サンタ・クルスはずっと危険な相手を避けて、実にチキンハートなボクサーになってしまいました。よっぽど倒されるのが怖いのでしょうね。

パンチ力のある選手とは絶対に対戦しません。当然、WBOのオスカー・バルデスとは絶対に対戦しないと思います。

34戦32勝18KO1敗1分け、28歳。

 

この二人、前回の試合が全く面白くなかったのに、なぜかダイレクトリマッチでまた対戦します。

 パンチの当て合いではなく、パンチのよけ合い、という試合ですからダメージのあるクリーンヒットがほとんどありませんでした。

かなり「よいしょ」して書きましたが、はっきりってつまらん試合でした。

 

www.boxing-blog.com

 

 この試合も始まる前から、「絶対判定決着まちがいなし」と断言できるだけに、さて一体どこに楽しみを見つけるか、この試合をみる大きな課題ですね。

 

 

フランプトンのパンチが届かない

サンタクルスが下がってカウンターを狙う作戦に出たものだから、追うフランプトンのパンチが全く届きません。

フランプトンが165㎝に対し、サンタクルスは171㎝。しかし、身長差以上に二人の距離の差は大きいようです。

サンタクルスもラウンドの終盤だけ前に出て撃ち合いますが、よけることを先に考えて連打しますので、パンチがいかにも軽い。しかも、フランプトンのスピードに負けないように打つので、ヒットしてもナックルがきれいに当たっていません。

フランプトンも応戦しますが、焦って打つので、全くヒットしません。パンチの打ち方が雑すぎます。

 

中盤、フランプトンがプレッシャーを強める

この試合、毎ラウンド10-10でもいいような、手数の少ない、クリーンヒットの全くないラウンドがずっと続きます。

実は、3ラウンド辺りで私は若干、意識をなくしました。退屈です。

中盤、フランプトンは何とか距離を詰めようと、さらにプレッシャーを強めますが、相変わらず打ち急ぎ過ぎてクリーンヒットは、全くありません。

とにかく採点の微妙なラウンドが続きます。

 

終盤はサンタクルスが反撃

9ラウンドはサンタクルスが前に出て、少し手数を増やします。

右ストレートをヒットしますが、ナックルがきれいに当たらず、ほとんどダメージを与えることができません。全くKOなんて狙っていません。とにかくポイントを取る事だけを考えているようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170302115116j:plain

 (しっかりグローブを握っていませんね)

最終回は、おそらく劣勢だと思ったフランプトンが出てきました。サンタクルスは下がりながらこれをさばき、ほとんど反撃はしません。

フランプトンも手数は出すものの、相変わらずクリーンヒットが全くありません。

 

120-120としたいところですが、なんとか必死に振り分けて、私の採点は117-115でサンタクルスの勝ちとしました。(4つのラウンドは10-10)

公式ジャッジは2-0(115-113、115-113、114-114)でサンタクルスがタイトルを奪還しました。

まあ、クリーンヒットが1発もなかったフランプトンの勝ちはないでしょうから、妥当なじゃっじですね。

 

それにしてもホントに、イギリス人ボクサーはつまらない奴が多いですね。

サンタクルスは間違いなくチキンハートです。

悔しかったらオスカル・バルデス(メキシコ)とやってみろ!