読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

昨年の「凡戦王」ファン・カルロス・パヤノが格下相手にまたもや凡戦 VSイサオ・ゴンサロ・カランサ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ァン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)VSイサオ・ゴンサロ・カランサ(メキシコ)

Sバンタム級8回戦(2017年1月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20170228130820j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170228130827j:plain

(出典:WOWOW)

パヤノは昨年度最高の超凡戦のすえ、ラウシー・ウォーレンにWBA世界バンタム級タイトルを奪われ、これが再起第一戦となります。

 

www.boxing-blog.com

 

18戦17勝8KO1敗、32歳のサウスポーです。スピードのある変則的なボクシングをしますが、パンチ力は全くありません。

カランサは、ファーストネームが「イサオ」で顔つきもどことなく日本人ポイ感じがして、ひょっとしたら日本人の血が混じっているのかもしれませんね。

23戦15勝8KO7敗1分け、30歳。こちらはオーソドックススタイルです。

 

さすがのパヤノもこれだけの格下相手だと、少しはまともなボクシングを見せてくれるでしょう。

 

 

どうも距離が違うのかかみ合わない

1ラウンドこそ、パヤノのラフファイトでカランサを圧倒しましたが、回を追うごとにパヤノの手数が少しずつ減ってきました。

カランサは175㎝の長身で、パヤノより10㎝高く、パヤノは速い飛び込みでカランサの懐へ入る必要がありますが、どうも距離があわないのか、3ラウンド辺りは明らかに攻めあぐねているようでした。

カランサも攻撃面はさっぱりですが、ディフェンスはそこそこうまくて、パヤノのパンチを結構上体の動きで外していました。

 

4ラウンドから勝負に出る

セコンドから発破をかけられたのか、4ラウンドからパヤノが持ち前のばねのある動きで、手数を増やしてきました。

カランサは防戦一方で、前に出るものの、パンチが出ません。

6ラウンドはいよいよ一方的な展開になっていました。レフリーはカランサの顔を伺い、ダメージを見ているようでした。

しかし、パヤノはよっぽどパンチ力がないのか、クリーンヒットを重ねても、カランサにそれほどダメージは感じられません。

 

唐突にストップ

さすがにこれだけ一方的になると、仕方がないのかもしれませんが、パヤノが強烈な(見た目だけ)右フックを放ったとことで、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170228144804j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170228144813j:plain

(思い切り放った右フックがクリーンヒットしたところで、レフリーが唐突に試合をストップ)

 

 力の差がかなりありましたが、それでもきれいにKOできないところにパヤノの限界を感じました。

身体の身体能力はかなり高いモノがありますが、パンチの当て方が悪いのは、致命的な欠点ですね。アマチュア経験が長いわりに変則的で、それほど当て勘も良くありません。ディフェンスはうまいと思いますが、見事に魅力のないボクサーですね。

WBA2位ですから、またウォーレンと凡戦タイトルマッチをやるのでしょうか。

とりあえず、その前にウォーレンが誰かにフルボッコされることを祈ります。

ウォーレンなら丸田陽七太で十分勝てるでしょう。岩佐亮佑や大森将平なら楽勝ですよ。小國以載のケガが長引くようでしたら、岩佐はウォーレンとやればいいと思います。