わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

まだ引退してなかった?アブネル・マレスが判定でタイトル獲得 VSヘスス・クェジャル

▼最新記事

ヘスス・クェジャル(アルゼンチン)VSアブネル・マレス(メキシコ)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170215104609j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170215104647j:plain

(出典:WOWOW)

クェジャルは29戦28勝21KO1敗、30歳。これが2度目の防衛戦です。実は暫定王者の時を含めると6度目の防衛戦となりますが、リング上では2度目と紹介されていました。

WBAの暫定王者なんて、ただの1位というだけで、王座でもなんでのないのですから、この紹介には賛成ですね。

WBAはいつになったら、この暫定王者をなくすのでしょうか。まだ、10人近くもいますよ。

 

それと、前回にも触れましたが、カリフォルニア州では、レフリーストップでもTKOではなくKOと裁定します。

私も、10カウントするかしないかでKOとTKOに分類するのは、全く意味がないと思います。

私のいい加減な記憶ですが、昔は負傷によるストップ以外はKOと裁定されていたような気がします。

 

マレスは32戦29勝15KO2敗1分け、31歳。WBA6位にランクされています。

私は、マレスのベストファイトは、峠を過ぎたジョニー・ゴンザレスにまさかのKO負けをした試合だと思います。

退屈な試合が多いマレスにとっては、唯一、衝撃的なファイトでしたね。

 

途中から作戦を変更したマレス

クェジャルはサウスポーですが、常に前に出る好戦的なファイターです。

マレスも序盤は、クェジャルの打ち終わりを狙い、この打ち合いに応戦していました。

しかし、クェジャルが徐々にプレッシャーを強め、手数が増えてきて、次第に押され気味になってきました。

4回からマレスはフットワークを使い、カウンター狙いに変更し、ペースを取り戻します。うまさではやはりマレスが一枚上手ですね。

 

退屈なラウンドが続く

クェジャルは前に出てパンチを放ちますが、マレスのフットワークにさばかれ、なかなかヒットしなくなります。

マレスは、クェジャルのバランスが崩れたところへうまくカウンターをヒットして、ポイントを拾い集めます。

10ラウンドあたりまで、この退屈な展開が続きます。

 

そして、11ラウンド。強引に前に出てパンチを放つクェジャルは、体が前に流れ気味になり、そこへマレスの右ストレートがタイミングよくヒットし、クェジャルがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170215110941j:plain

(先にパンチを当てたのはクェジャルでしたが)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170215111033j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170215111148j:plain

(体勢がぐずれたクェジャルの顎へマレスの右ストレートがヒット)

タイミングで倒れたような感じでしたが、意外にクェジャルにダメージがあったようです。

マレスがクェジャルをロープに詰め連打を放ち、あわやストップかと思わせましたが、マレスはやはり決め手に欠きますね。

このチャンスをものにできませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20170215111238j:plain

(ロープにくぎ付けにして連打を叩き込みましたが)

いただけないのは12ラウンドです。勝利を確信したマレスが、このランドは逃げに徹し、最後に両手を上げて勝利をアピールしました。

バカな外人ボクサーはよく、このポーズをしますね。最低です。

最後まで戦え!と思います。

f:id:stonemeintothegroove:20170215111532j:plain

 

(勝利を確信し両手を上げてアピールするマレス)

さすがにジョー小泉さんは、このポーズをするボクサーにはそのラウンド、絶対ポイントを与えませんね。

 

判定は2-1(117-110、116-111、112-115)でマレスがタイトルを獲得しました。

しかし、マレスはこんな試合をしていては、アメリカで人気をなくすでしょうね。

人気者のレオ・サンタ・クルスにリベンジでもしますか。

是非、思い切り打ち合ってKO負けしてください。お願いします。