わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

クルーザー級のロマチェンコ オレクサンダー・ウシクはKO勝ちしても地味やね~ VSタビソ・エムチュヌ

▼最新記事

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)VSタビソ・エムチュヌ(南アフリカ)

WBO世界クルーザー級タイトルマッチ(2016年12月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20170214111854j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214111901j:plain

(出典:WOWOW)

ウシクは10戦全勝9KO。3か月前にクシシュトフ・グロワツキ(ポーランド)に勝ってタイトルを獲得し、早くも防衛戦を迎えます。

 

www.boxing-blog.com

 タビソ・エムチュヌは、19戦17勝11KO2敗。WBO11位。

 

ウシクは前回、敵地ポーランドで戦い、今回がアメリカ初登場です。

派手なKOで衝撃的なデビューを果たしたいところですが、すべてが中途半端で、ロマチェンコのようにはいきませんでした。

 

軽快なフットワーク

さすがにロマチェンコみたいなわけにはいきませんが、ウシクはクルーザー級とは思えない軽快なフットワークで右ジャブを放ちます。

そして、挑戦者のエムチュヌの身長は179㎝で決して小柄ではありませんが、ウシクは191㎝の長身で、エムチュヌがとても小さく見えます。2階級は違う感じでしたね。

 

そんなウシクに軽快に動かれて、しかもしつこく右ジャブが飛んでくると、なかなかこのクラスのボクサーでは対応できないでしょう。

 

徐々にエンジンが全開に

この日も相手が同じサウスポーということもあって、右ジャブを突きながら、エムチュヌの周りを慎重にサークリングして、様子を見ます。

そしてラウンドを重ねるごとにジャブの数が増え、長身を生かした左の打ち下ろしを放ってきます。

時折、ロマチェンコのように素軽いフットワークで、エムチュヌの左右に回り込み、横からパンチを放ちます。

 

5ラウンドには完全にペースをつかみ、自分の距離でコンパクトなコンビネーションでエムチュヌを圧倒します。

しかし、決して強いパンチではありません。手数で倒すタイプです。

6ラウンドのダウンも、ウシクの執拗な連打で、エムチュヌがウシクの攻撃を回避するように、しゃがみ込んでしまったものです。

f:id:stonemeintothegroove:20170214120457j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214120449j:plain

(ウシクの執拗な連打でしゃがみこむエムチュヌ)

 

一気に倒さない

7ラウンドは休息。決して強引に倒しに行きません。

疲れからか8ラウンドの攻めは、精度を欠き、雑な攻撃になっていましたが、9ラウンドは丁寧でコンパクトなパンチに修正してきて、あとは滅多打ち。

f:id:stonemeintothegroove:20170214121144j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214121359j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214121151j:plain

(エムチュヌは、どのパンチが効いたとかではなく、とにかくダウンすることで相手の攻撃を回避)

深刻なダメージを負ったわけではないので、エムチュヌは一応立ってきますが、再びウシクの連打にさらされます。

f:id:stonemeintothegroove:20170214121407j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214121807j:plain

さすがにレフリーもこれ以上の続行を許しませんでした。

なんとも地味なダウンです。KO勝ちにも関わらず、まるで大差の判定勝ちのような印象です。最後ぐらい、もっとためてパンチを打ってほしかったですね。

ちなみに、カリフォルニア州の規定で、レフリーがストップしても、KO勝ちということです。