わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

テレンス・クロフォードのワンマンショー! VS 4ポンドオーバーで失格のジョン・モリナ

▼最新記事

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSジョン・モリナ(アメリカ)

WBC・WBO世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170208113003j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170208113009j:plain

(出典:WOWOW)

クロフォードは、リング誌のPFP(パウンド・フォー・パウンド)でも5位にランクしているスーパースター候補です。2014年にユリオキス・ガンボアにKO勝ちして、一躍スターダムにのし上がってきました。

29戦全勝20KO、29歳。WBCとWBOの世界タイトルを保持し、Sライト級では抜きんでた存在です。

 

モリナはWBO2位にランクしていますが、前日計量で4ポンドもオーバーして、失格。罰金を払ってこの試合に挑みます。

もちろん、仮に勝ってもタイトル獲得は出来ません。

35戦29勝23KO6敗、33歳。

浜田さんは「昔は死ぬ気で減量したものですよ」と言ってましたが、同感です。

モリナはこれでランキングから姿を消すでしょう。

 

 

「強くて上手くて速い」クロフォード

クロフォードはスイッチヒッターで、右構えでもサウスポーでも戦えます。

スタート時点ではオーソドックススタイルでしたが、すぐにサウスポーにスイッチしました。

最近の試合はほとんどこのパターンで、今日もおそらく最後までサウスポーで戦うと思います。

右構えの時はモリナも、持ち前の馬力でクロフォードに襲い掛かりましたが、サウスポーにスイッチした途端、手が出なくなりました。

 

モリナは身長179㎝でがっちりした体つきをしていますが、この日はお腹のあたりが少しゆったりしている感じでした。ちなみにクロフォードは173㎝です。2階級ぐらい違うように見えましたね。

 

2ラウンドではもう完全にクロフォードがペースをつかみ、右ジャブを突きながら、右にサークリングし、モリナが入ってくると、左アッパーをボディ、顔面にヒットします。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170208114939j:plain

 

(モリナが入ってくるとこの左アッパーが待っています)

2ラウンドを終わった時点で、もうクロフォード陣営に楽勝ムードが漂います。

クロフォードはスパーリングのように涼しい顔をしていました。

 

やりたい放題のクロフォード

3ラウンドにモリナの右フックがクロフォードの顎をとらえましたが、恐らくモリナがこの試合でクロフォードに当てたパンチは、これ1発だけだと思います。

 

モリナが前に出てパンチを打とうとするが、その前にクロフォードに右ジャブが先にヒットし、中に入ろうとすると、左アッパーがボディへ、さらに顔面へと飛んできます。

この展開が6ラウンドまで続きます。まさにクロフォードのやりたい放題。モリナも必死で前に出てパンチを振るいますが、かすりもしません。距離が全くあっていませんし、フットワークのスピードが違います。

 

足を止めて倒しに来るクロフォード

7ラウンド後半から、さすがのモリナも動きが少し悪くなってきました。

このラウンドに、クロフォードのパンチがかなりヒットしました。

そして、8ラウンドにクロフォードが倒しに来ました。

 

バックステップをやめ、足を止め力を込めてパンチを打つようになりました。

クロフォードのパンチが面白いようにヒットし、ついにクロフォードが前に出て、モリナをコーナーに詰め、滅多打ちにします。

f:id:stonemeintothegroove:20170208120159j:plain

(この試合初めて前に出たクロフォードがモリナを追いつめます)

f:id:stonemeintothegroove:20170208120217j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170208120225j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20170208120234j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170208120242j:plain

(モリナをコーナーにくぎ付けにして滅多打ち)

右フックのボディブローでモリナが膝を崩し、レフリーが割って入って試合をストップしました。

クロフォードは手堅いボクシングをしますね。

相手が弱るまでは決して無理をしません。負けるシーンが考えられないボクサーの一人です。

本当に上手くて強くて速くて、そしてクレバーです。

でも、実は好きなボクサーではありません。KO負するシーンを見たいですね。