読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

リング外に転落!バーナード・ホプキンスらしいラストファイト VSジョー・スミス &メキシコのホープ、ホセリオ・ベラスケスのデビュー戦

ボクシング観戦記(海外編)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

バーナード・ホプキンス(アメリカ)VSジョー・スミス(アメリカ)

WBCインタナショナルLヘビー級タイトルマッチ(2016年12月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20170207135616j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207135624j:plain

(出典:WOWOW)

ホプキンスはこの試合を最後に引退を表明しています。

66戦56勝32KO7敗2敗2NC、なんと51歳。

 

ジョー・スミスは23戦22勝18KO1敗、27歳。インタナショナルチャンピオンです。

WBC5位、WBA5位、WBO14位にランクしており、引退の花道を飾るにしては、とても危険な相手と言えるでしょう。

しかも、ホプキンスはセルゲイ・コバレフに判定負けしてから、2年ぶりの試合となります。

 

 

ホプキンスらしいボクシングを展開

スミスは体力で前に出てパンチを放つタイプです。

初回から、パワフルな連打でホプキンスをロープに詰めます。

しかし、ホプキンスはいつものように、これをクリンチでかわし、柔軟なディフェンスでクリーンヒットを許しません。

相変わらず、避け勘は抜群です。

隙を見ては速い右ストレートをヒットし、エネルギー消費を最小限に抑えた、実に奇妙なステップでスミスの攻撃を外します。

解説の西岡さんが「あのちょこちょこが、省エネステップ」と評価していましたが、とてもかっこいいとは言えませんね。

f:id:stonemeintothegroove:20170207141117j:plain

(相手が打たないと速い右ストレートを打ち込んできます)

スミスのクリーンヒットは多分、5ラウンドの右フック1発だけだったと思います。

f:id:stonemeintothegroove:20170207141152j:plain

(この右フックはホプキンスの顎をとらえました)

6ラウンドまでは一進一退の攻防でした。ホプキンスの持ち味を十分発揮し、若いスミスのパワーをうまくさばいていました。

 

しかし、7ラウンドあたりから、スミスのプレッシャーに押され気味で、ホプキンスの動きが少し悪なってきたように見えました。

スミスは細かいテクニックはないものの、持ち前の体力でホプキンスをロープに詰め、コンパクトなパンチを放ち、手数で圧倒し出します。

 

まさかのリング外転落

このままいくと、どうやらスミスの判定勝ちかな、と思っていたら、とんでもない幕切れが待っていました。

まず、スミスの右がホプキンスのテンプルにヒットし、ホプキンスがロープに腰を落としかけます。

f:id:stonemeintothegroove:20170207142122j:plain

(この右フックが効いた感じです)

そして、体勢が崩れたホプキンスに、スミスが左右のパンチをヒットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170207142248j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207142305j:plain

(右も左もホプキンスの顔面をとらえています)

 

最後の左フックでホプキンスの体が完全にリング外にでてしまい、そのまま転落しました。

どうやら頭を打ったようですが、意識はしっかりしており、転落の際に足を痛めて試合続行を諦めたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170207142450j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207142443j:plain

(スミスの右でホプキンスの体は完全にリングの外へ)

それにしても、ホプキンスのラストファイトは、実にホプキンスらしい幕切れでした。なんと、ホプキンスはキャリア初のKO負け。

勝ったスミスは確かにパワーがありますが、ボクシングスキルは今一つですね。

とても界チャンピオンの器ではありません。

 

ホセリオ・ベラスケス(メキシコ、帝拳)VSエドゥアルド・カシメロ(メキシコ)

フライ級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170207143948j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207143954j:plain

(出典:WOWOW)

ベラスケスはリオ五輪に出場し、ベスト16で金メダルを取った選手に判定負けしています。

帝拳ジムとプロモート契約をし、これがデビュー戦です。

カシメロは8戦5勝3敗、21歳。

ベラスケスは23歳、身長163㎝です。

 

ベラスケスの左ジャブは速いですね。動きにスピードがありバランスもとてもよく、4回戦の選手の動きではありません。

浜田さんは「4年後ぐらいに世界を狙う」と言っていますが、もっと早くてもいいのではないかと思います。

 

試合は実にあっけなく終わりました。

ベラスケス左のボディブローがダブルで決まり、とどめの左フックをカシメロの顔面にたたきつけたら、少し間があってから、カシメロがしゃがみ込みました。

f:id:stonemeintothegroove:20170207144847j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207144855j:plain

(この左ボディブローのダブルが効きましたね)

f:id:stonemeintothegroove:20170207145005j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207145016j:plain

(とどめの左フックでカシメロがしゃがみ込みました)

日本ならデビュー戦でA級ボクサーと対戦させるでしょうね。

2戦目ぐらいで世界ランカーを相手にできるぐらいの実力はありそうです。