読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

田中繊大トレーナー!タオル投入が早すぎませんか? 石本康隆TKO負けでタイトル失う VS久我勇作

ボクシング観戦記(日本人編)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

石本康隆(帝拳)VS久我勇作(ワタナベ)

日本Sバンタム級タイトルマッチ(2017年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170206144518j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206144526j:plain

(出典:日テレG+)

石本は37戦29勝8KO8敗、35歳。これが3度目の防衛戦になります。

久我は16戦13勝9KO2敗1分け、26歳。石本とは1年前に王座決定戦で対戦し、判定負けを喫しています。

 

ポーカーフェイスの石本VSリベンジに燃える久我

リベンジに燃える久我は、ゴングと同時に飛び出し、強引に連打を放ちましす。

石本はいつものように冷静に、柔らかいブロックでこれに対処します。

久我は少し気合が空回りしているように見えましたが、右オーバーハンドが石本のテンプルをとらえ、スリップ気味にダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170206145336j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206145343j:plain

(久我が後頭部を引っ掛けるような、スリップ気味のダウンを奪います)

石本にダメージはなさそうでしたが、久我はこれで勢いに乗りました。

強引なラッシュは、石本の冷静なディフェンスに阻まれ、それほど有効打はありませんでしたが、時折放つボディブローは効果的でした。

 

石本はダウンを奪われたものの、いつものポーカーフェイスで落ち着いたボクシングをしており、むしろ久我の力みの方が目につきました。

 

田中繊大トレーナー、そのタオルは早すぎませんか?

2ラウンドも前半はむしろ石本の方が、落ち着いて久我の攻撃を捌いていたように思います。

しかし、2分過ぎに、久我の左ボディブローが石本の右わき腹にヒットしたのを皮切りに、久我の猛攻が始まりました。

f:id:stonemeintothegroove:20170206150717j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206150723j:plain

(左のボディブローからダブルで左がテンプルをとらえました)

ここから久我の怒涛のラッシュが始まりました。

f:id:stonemeintothegroove:20170206150940j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206150948j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20170206150957j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206151007j:plain

 

右も左も石本の顔面をとらえています。石本は全く手が出ず、防戦一方。かなりダメージがあるようですが、久我も決定打を打ち込めません。

久我のラッシュが止まり石本が体勢を持ち直したところで、田中繊大トレーナーがタオルを投入しました。

f:id:stonemeintothegroove:20170206151300j:plain

確かに石本にダメージはありましたが、このラウンド、残りあと10秒。十分持ちこたえたと思いますよ。

選手の健康管理は大事ですけど、ファンとしてはちょっと物足りません。

アンダーカードに登場した、波田大和もダウンのダメージはあったものの、まだ十分戦えるように見えましたが、田中繊大トレーナーが早めにタオルを投入し、TKO負け。

3戦3勝3KOだっただけに、惜しい気がしました。

田中トレーナーはいつもこんなに早くタオルを投入してましたっけ?

 

石本はWBC13位、WBO6位にランクしていましたから、久我は間違いなく世界ランクを手に入れるでしょうね。

でも、彼のボクシングは一言で言うと「硬い」。なにかスムーズさに欠ける気がします。体幹の強さは感じますが、私はテイル渥美の方が強いと思います。

 

石本はこれで引退ですか。

2013年にアメリカで、ウイルフレド・バスケス・ジュニアに勝った時はびっくりしました。判定は2-0でしたが、石本の完勝でしたからね。