読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

比嘉大吾が世界前哨戦をTKOで飾るも、具志堅会長は超不機嫌? VSディオネル・ディオコス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

比嘉大吾VSディオネル・ディオコス(フィリピン)

Sフライ級10回戦(2017年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170205121835j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170205121845j:plain

(出典:日テレG+)

比嘉大吾は11戦11勝11KO、21歳。OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオンで、WBC3位にランクしています。

この試合が世界前哨戦となります。

WBCの王座は、ローマン・ゴンザレスの返上により、現在空位になっています。

3月に、1位のナワポーン・ポーチョークチャイ(タイ)と2位のファン・エルナンデス(メキシコ)とで王座決定戦を行い、比嘉がその勝者に挑戦することになっています。

 

ディオコスは13戦9勝3KO1敗3分け、23歳。フィリピンフライ級8位。

比嘉の世界ランクを狙っています。

 

 

KOを狙いすぎて力む比嘉

今日も、柔らかい上体から積極的にパンチを繰り出す、いつもの比嘉のボクシングです。

しかし、ディオコスは比嘉のパンチを警戒し、ガードを堅め、なかなかクリーンヒットを許しません。

KOを狙う比嘉は、右のストレートの距離が合っていないのか、少し雑で、今一つ精度が悪い感じです。

 

2ラウンドに入ると、比嘉が多彩な左でディオコスを圧倒します。

右は相変わらず力みすぎですが、左ボディが効果的に決まります。

ディオコスもこの左ボディを警戒し、右のガードを固めます。

 

3ラウンドも比嘉がディオコスをコーナーに詰めて、連打を浴びせます。そして、ディオコスにクリンチをさせません。このあたりはうまいですね。

 

4ラウンドに倒しに行く

4ラウンドにゴーサインが出たようです。

練習してきた高速コンビネーションで圧倒しますが、ディオコスも粘り強くガードし、なかなか比嘉のクリーンヒットを許しません。

しかし、左ボディは効いたようです。

浜田さんが「打って打って、打ちまくった」と言うように、連打を畳みかけ、最後は左ボディアッパーから右アッパーの返しで、ついにディオコスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170205125331j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170205125340j:plain

とどめの左右アッパー)

レフリーは直ちにストップしました。これだけ打たれたら、もうギブアップですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170205125459j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170205125433j:plain

 

具志堅会長は珍しく渋い顔

比嘉もこの日の出来には納得していないようでしたが、もっと納得していなかったのは、具志堅会長のようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170205125628j:plain

(こんな不機嫌なの具志堅さんも珍しいですね)

やっぱりKOを狙いすぎて、少し雑なボクシングをしてしまったからでしょうか。

この日の反省点をしっかり練習で修正して、「さあ、次は世界だ!」