読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

フランシスコ・バルガスがTKO負け VSミゲール・ベルチェルト  三浦の相手はベルチェルトに!

ボクシング観戦記(海外編)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

フランシスコ・バルガス(メキシコ)VSミゲール・ベルチェルト(メキシコ)

 

WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年1月29日)日本時間

f:id:stonemeintothegroove:20170131113927j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170131113935j:plain

(出典:WOWOW)

バルガスは25戦23勝17KO2分け、32歳。

 一昨年、三浦と大激戦を演じて、TKO勝ちでタイトルを獲得し、これが2度目の防衛戦です。

 

ベルチェルトは31戦30勝27KO1敗、現在WBC7位です。

WBOの暫定タイトルを保持していましたが、返上しターゲットをバルガスに変更しました。

なにせWBOの王者は、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)ですからね。

 

勝者は、日本の三浦隆司の挑戦を受けることになります。

 

試合経過

1R)

ベルチェルトはいい体をしていますね。

お互いジャブの差し合いで始まりました。バルガスの方が左ジャブが速いかな~。でも、ベルチェルトもいいパンチを打ち返します。

やや手数はバルガスですが、ベルチェルトも連打で応戦しています。

2R)

バルガスが前に出ます。しかし、ベルチェルトも左ジャブが多彩ですね。

ベルチェルトのいい左右パンチがヒットしました。バルガスは少しガードが甘いようです。安易に打たせすぎます。

この回は、ベルチェルトの攻勢が目立ちました。

3R)

ベルチェルトの連打がバルガスを追いつめます。ベルチェルトは好戦的ですね。しかも手数が多い。

ベルチェルトの攻撃は単発で終わらないのがいいですね。バルガスも反撃しますが、ベルチェルトはパンチの回転が速い。

4R)

ベルチェルトは予想以上に強いですね。

ベルチェルトがハイペースで攻めます。このペースで最後まで持つのでしょうか。ジョー小泉さんも心配しています。

バルガスも必死で反撃しますが、ベルチェルトの方が打ち勝っています。

終盤、バルガスがボディで応戦しましたが、このラウンドもベルチェルトでしょう。

5R)

ベルチェルトは少しペースダウンしました。すかさずバルガスが反撃します。

6R)

試合開始直後に、レフリーがバルガスの傷をドクターにチェックさせます。えっ、ドクターがリングに入ってきましたよ。

f:id:stonemeintothegroove:20170131114115j:plain

(1回目のドクターチェック。バルガスは少し打たせすぎです)

前半はバルガスが攻勢をかけますが、中盤からベルチェルトも応戦してきました。

終盤、バルガスが、ベルチェルトの連打にさらされます。

 7R)

試合は後半戦に入りました。ベルチェルトのスタミナがカギですね。

この回はバルガスの攻勢が目立ちます。

バルガスがいいボディブローをヒットしました。

8R)

バルガスもしぶといですね。

また、攻勢に出ました。

しかし、後半ベルチェルトも反撃してきます。バルガスも負けじと応戦。すごい打撃戦です。

9R)

お互いに手数が衰えません。

しかし、さすがのバルガスも少しスピードが落ちてきました。

2回目のドクターチェックが入りました。かなりバルガスの出血がひどいですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170131114432j:plain

(このままだとストップされるかも知れませんね)

ベルチェルトが連打を畳みかけましたが、バルガスはなんとか持ちこたえました。

10R)

ストップが近いかもしれません。また、ドクターチェックが入りました。これで3回目です。深刻な雰囲気ですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170131114755j:plain

(これ以上傷が深くなるとストップかもしれません)

三浦の相手はベルチェルトになりそうな流れです。

ベルチェルトは様子を見ていますね。軽いパンチでポイントを奪い判定勝利か、それとも連打でストップを狙っているのか。

さすがの激戦王、バルガスもう余力がなさそうです。

終盤、バルガスはあわやストップかなという場面もありました。

ジョー小泉さんいわく「ストップしないのはバルガスがチャンピオンだから」ということです。

11R)

ベルチェルトが勝負に出ましたね。バルガスは1発カウンターを狙いしかありません。

しかし、ついにベルチェルトが連打をまとめて、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170131115625j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170131115633j:plain

(バルガスがついに力尽きました)

このストップは仕方がないでしょう。

ベルチェルトが11RTKOで王座を獲得しました。

 

なんと、三浦隆司の相手はベルチェルトです!

この日のバルガスはあまりにも打たせすぎましたね。

激戦のダメージが、完全に回復していなかったのかもしれません。

 

ベルチェルトは一発パンチはないものの、連打で畳みかける攻撃はやっかいですね。

三浦にとっては、バルガスの方が良かったような気がします。