読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

三浦隆司のアンダーカードで登場したサダム・アリが再起第2戦をKOで飾る VSホルヘ・シルバ

ボクシング観戦記(海外編)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

サダム・アリ(アメリカ)VSホルヘ・シルバ(メキシコ)

 ウェルター級10回戦(2017年1月29日)日本時間

f:id:stonemeintothegroove:20170130095533j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170130095619j:plain

(出典:WOWOW)

サダム・アリ(アメリカ)は24戦23勝13KO1敗、28歳。

IBFウェルター級9位、右構えのオーソドックススタイルです。

唯一の1敗はジェシー・バルガスにTKO負けを喫したもの。

ペース配分を無視して攻め続け、自滅した痛恨の1敗です。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ホルヘ・シルバ(メキシコ)は、2012年に21連勝中の亀海と引き分け、デビューからの連勝記録をストップした相手です。

35戦22勝18KO12敗2敗、24歳。亀海と対戦してから、急に負けが多くなっているようです。

こちらもオーソドックススタイルです。

 

 

ちょっと力量差がありすぎる

 

アリはスタイリッシュでスピードがありますが、相変わらず無駄な力が入ったボクシングをしますね。右のパンチを放つときに力みすぎて、スムーズさに欠けます。

しかし、両者の力量差が歴然としていて、シルバは亀海に引き分けたころの実力をキープしているとはとても思えません。

その力んだ右が入り、いきなりシルバがピンチに陥ります。

アリがコーナーに詰めてラッシュし、いきなりダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170130103119j:plain

(シルバはあっさり右をもらい、いきなりピンチに陥る)

f:id:stonemeintothegroove:20170130103128j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170130103153j:plain

(連打から逃れるようにダウン)

はっきり言って、アリの右はそれほどキレがないので、シルバはしっかり立ってきました。

その後も、アリの右が打ち下ろしでヒットしますが、やはり力みがあるので倒すまでのダメージを与えられません。

 

2Rに入ってもアリの右はよくヒットしますが、シルバもしぶとく反撃してきます。1ラウンドのダメージはさほどなさそうです。

3Rもアリのペースが続きます。

シルバも反撃しますが、そこへアリの左がボディへにヒットしました。これは効いた!

アリが追撃の左フックを2発ヒットし、とどめの右でシルバは完全に失神しました。

f:id:stonemeintothegroove:20170130104153j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170130104223j:plain

(アリは左のパンチの方がキレがありますね。とどめの右でシルバは失神)

 

レフリーがすぐにストップしました。

 

アリは、ジェシー・バルガスの敗戦から再起2戦目をTKOで飾りました。

アリは右よりも左フックの方がパンチが切れますね。

もう少し右を軽く打って、返しの左で倒すパターンを覚えれば、もっとKOが増えるような気がします。

あの力んだ右はいただけません。体力を消耗するだけで、世界ランカーには通用しないでしょう。

いずれにしても、この選手、世界は無理ですね。