読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

山中慎介の防衛戦が決まりましたね 3月2日 尾川堅一&岩佐井亮佑&ブライアン・ビロリアも登場

  山中慎介 ボクシング結果予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

山中慎介VSカルロス・カールソン(メキシコ)

WBC世界バンタム級タイトルマッチ(2017年3月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20170124114025j:plain

カールソンは23戦22勝13KO1敗、26歳。WBC9位にランクしています。

聞くところによると、1位から15位までのランカーすべてに声をかけ、受けてくれたのがこのカールソンだけだったという話です。

最近の試合では、むしろもろさを露呈している山中ですから、挑戦する方はチャンスだと思うのですが、やっぱりあの左ストレートの威力が相当脅威なんでしょうね。

 

 

カールソンはデビュー戦で判定負けして以来、22勝中です。

WBC傘下の地域タイトルを獲得しながら、世界ランクに顔を出してきたようです。

まだ、名のある選手との対戦はなさそうですね。

身長170㎝のオーソドックススタイル(右構え)。

直近の5戦ではKOは2試合のみですが、右のパンチ力は強そうな気がします。

4年前のビデオしか見てないので何とも言えませんが、攻めるときにかなりガードがガラ空きになりますね。特に右のガードが甘い感じがしました。

でも、まだ10戦目の試合ですから、あまり参考にはならないでしょうが、直近の試合(3RTKO勝ち)でもどうやら1ラウンドにダウンを喫しているようです。ガードの甘さは相変わらずかもしれません。

 

これが12度目の防衛戦です。順当なら、なんの問題もなく、中盤までに倒すと思います。

しかし、最近の試合では不用意な右フックの返しに、カウンターを合わせられ、ダウンを喫するシーンがどうしても頭から離れません。

f:id:stonemeintothegroove:20170124113947j:plain

(自分でも下手だと言っている右の返し)

 

尾川堅一VS杉田聖

日本Sフェザー級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170124121006j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170124121012j:plain

 

この二人は昨年の4月に対戦し、好ファイトを演じています。

9RTKOで尾川が底力を見せましたが、杉田もなかなか良いファイトをしました。

 

boxing.hatenablog.jp

 

内藤に技術戦で勝った尾川は、世界を見据えて、圧倒的な力の違いを見せてほしいと思います。しかし、杉田は一筋縄では倒せませんよ。

尾川は20戦19勝16KO1敗、29歳。右構え。

杉田は16戦12勝7KO3敗1分け、27歳、右構え。

 

ブライアン・ビロリアが登場!

f:id:stonemeintothegroove:20170124121047j:plain

対戦相手は未定ですが、ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)にTKO負けして以来の試合だと思います。

すでに36歳。ハワイアンパンチはまだ健在でしょうか。

今回は帝拳プロモーションのサポートで再起戦を行います。

41戦36勝22KO5敗。

 

岩佐亮佑も世界戦に備えてウォーミングアップ

f:id:stonemeintothegroove:20170124121150j:plain

挑戦者決定戦がキャンセルになり、試合間隔があいているからでしょうね。

チューンナップ試合を行うようです。

さあ次はいよいよ小國以載に挑戦です。苦手なサウスポーじゃないので、力を存分に発揮できるでしょう。