わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

「わしボク」注目のライト級世界戦 デジャン・ズラティカニンVSマイキー・ガルシア &ついでに カール・フランプトンVSレオ・サンタクルス

▼最新記事

デジャン・ズラティカニン(モンテネグロ)VSマイキー・ガルシア(アメリカ)

WBC世界ライト級タイトルマッチ(2071年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20170122144717j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170122144955j:plain

 

実はこの日のメインは、カール・フランプトンVSレオ・サンタクルスの再戦です。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ズラティカニンの防衛戦はそのアンダーカードですが、恐らくメインの試合は前回と同じ展開になると思います。見た目は打ち合いですが、クリーンヒットが少なく、全くスリルのない凡戦になりますよ。

それより展開の読めない、このズラティカニンの防衛戦の方がはるかに魅力的です。

なにせ相手はマイキー・ガルシアですからね。

 

展開が読めない面白さ

 

ズラティカニンは22戦全勝15KO、32歳のサウスポーです。

前回の試合を見る限り、私はライト級ではこのズラティカニンが一番強いと思っています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 さて問題はガルシアです。35戦全勝29KO、29歳。WBCの2位にランクしています。

2年半のブランクをどこまで取り戻しているか。全盛期の力ならガルシアに勝機は十分あると思います。

 

boxing.hatenablog.jp

 

非常に手堅く隙にないボクシングをしますし、パンチ力も申し分ありません。総合力はズラティカニンを上回っています。

 

ズラティカニンの優位性はサウスポーであることです。

そして、身長163㎝のがっちりした体型。いかにマイキーといえど、このタフネスチャンピオンを倒すは容易ではありません。

お互い破壊力抜群のパンチ力を持っていますが、ズラティカニンのパワーパンチが、マイキーをとらえるシーンが想像できません。

かといって、マイキーがこのタフネスを倒すのも大変でしょうね。

 

とにかく、オープニングでどんなボクシングを見せるのか、スリリングな展開になりそうで、意外とお互いがけん制しずぎて手数が少ない、緊迫した展開になるかもしれません。

 

ズバリ、マイキーの判定勝ちかな?

 

ちなみに、この日のもう一つのアンダーカードは、リー・シェルビー(イギリス)のIBF世界フェザー級の防衛戦もあります。

相手のジョナタン・バーロス(アルゼンチン)は10月に細野悟に判定勝ちして、挑戦権を手に入れましたが、決め手に欠く地味な選手です。

こちらは、フランプトンの防衛戦よりさらに凡戦になるでしょうね。