読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

「わしボク」注目の海外ファイト3試合 三浦隆司VSミゲール・ローマン&フランシスコ・バルガスVSミゲール・ベリチェリ

ボクシング結果予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

1月28日(日本時間29日)に注目の3試合が行われます。

ここではそのうちの2試合をご紹介します。デジャン・ズラティカニンVSマイキー・ガルシア戦は次のブログで。

まずは何をさておいてもこの試合です。

三浦隆司VSミゲール・ローマン(メキシコ)

WBC世界Sフェザー級挑戦者決定戦12回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170122113736j:plain

ちなみにこの試合と、メインのバルガス戦は1月29日11時から、WOWOWで生中継されます。楽しみですし、WOWOWさんに感謝です。

三浦は35戦30勝23KO3敗2分け、32歳のサウスポー。

 

私が三浦を初めてテレビで見たのは、当時ホープだった矢代義光の日本タイトルに挑戦した2試合です。

一度目は2度のダウンを奪い引き分け、再戦では7RTKO勝ちし「日本にこんな武骨なハードパンチャーがいたのか」と驚いたのを思い出します。

矢代の試合は何度も見ていて、世界を目指すと思っていました。だから、まさか負けるとは夢にも思いませんでしたので、強烈な印象が残っています。2009年1月ですから、あれからもう8年も経つんですね。

 

 

ミゲル・ローマンは67戦56勝43KO11敗、31歳。WBC2位、WBAでも6位にランクしています。2003年にデビューしている超ベテランです。

主な対戦相手としては、5年前になりますが、ハビエル・フォルトゥナに判定負けしています。翌年にWBCライト級王者だったアントニオ・デマルコに挑戦し、5RKO負けしています。

ダンテ・ハルドンに、2012年に2度対戦して1勝1敗(いずれも判定)。ちなみに、ハルドンは、2013年に三浦に挑戦して、9RTKO負けしています。

 

しかし、その後3年間は18戦連勝し、うち15がKOおよびTKOです。

三浦にTKO負けした(2014年)エドガル・プエルタには、2015年に対戦し判定まで粘られていますね。

ベテランですが、勢いに乗っており、パンチ力もありそうです。

 

三浦はどうも海外の試合では体の硬さが目立ちます。特に序盤での力みは命取りになりかねません。

これが海外3戦目。リラックスしていつものボクシングが出来れば、中盤以降にKOチャンスがありそうですが、危険な相手であることは間違いないでしょう。

 

フランシスコ・バルガス(メキシコ)VSミゲール・ベリチェリ(メキシコ)

WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170122122520j:plain

不思議ですね。バルガスは試合ができる状態なら、なぜ三浦と対戦しないのでしょうか。

まあ、私がこんなところでとやかく言っても仕方がありませんが、どうもバルガスは三浦を嫌がっているような気がしてなりません。

バルガスは25戦23勝17KO2分け、32歳。

 

 

ベリチェリは31戦30勝27KO1敗、現在WBC7位です。

11月10日発表のランキングでは、WBOの暫定王者となっていましたが、12月にはその名前が消えていました。WBOのランキングにも名前がありません。

 

KO率9割ですが、連打で倒すタイプでそれほど怖さは感じません。

序盤はとにかく左ジャブが多彩です。そして徐々に手数が増えていきます。チャンスの時の連打はかなり執拗です。

まさに典型的なメキシカンボクサーですね。バルガスよりはメキシカンらしいと思います。

カウンターパンチは得意でないのでしょう。相手の打ち終わりを待ってパンチをまとめますね。最後は連打でKOするタイプなので、1発パンチはバルガスの方が上だと思います。

乱打戦になれば、バルガスのカウンターが決まり、中盤以降に倒せると思いますが、序盤の左ジャブは厄介でしょうね。

 

とにかく、バルガスVS三浦がもう一度見たいですね。