わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

藤本京太郎がアジア人初でOPBFヘビー級王座獲得 VSウィリー・ナッシオ &福本翔馬

▼最新記事

藤本京太郎VSウィリー・ナッシオ(オーストラリア)

OPBF東洋太平洋ヘビー級王座決定戦(2017年1月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20170116100207j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170116100214j:plain

(出典:日テレG+)

藤本はこれが2度目のチャレンジです。前回はあえなくTKO負けでタイトル奪取に失敗しています。

16戦15勝8KO1敗、30歳。OPBF1位にランクしています。

唯一の1敗が2012年のOPBF王座決定戦で喫したものです。

 

ナッシオは11戦10勝9KO1敗、30歳。OPBF2位。

ナッシオは身長183㎝と大型化が進む現在のヘビー級では、むしろ小さい方でしょう。しかし、178㎝の藤本に比べると、一回りは大きく見えます。

 

 

そのナッシオが1ラウンドからプレッシャーをかけ、藤本を追いかけまわします。

2ラウンドは左フックからアッパーを決め、藤本をロープに追いつめます。

しかし、ここで藤本の会心の右カウンターがヒットし、ダウンを奪いました。このカウンターがなかったら、藤本は負けていたかもしれませんね。

f:id:stonemeintothegroove:20170116101326j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170116101333j:plain

(この右はナッシオに見えていなかったようです)

これで形勢は完全に逆転。

まだ怖いパンチがあるものの、動きは明らかに悪くなり、プレッシャーも弱まりました。

中盤からの藤本のボディブローもかなり効果があったようです。

ボディが効いて、ガードが下がったナッシオに、藤本の左右パンチがヒットします。

解説の浜田さんが「打てば当たりますよ」というほど、顔面のガードがおろそかになっていました。

6ラウンドの右2発はかなりダメージがあったようですが、追撃のパンチに今一つ威力がなく、KOチャンスをものにできませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20170116101743j:plain

(中盤以降、この右が再三ヒット。京太郎にもう少しパンチ力あったら倒していたでしょう)

f:id:stonemeintothegroove:20170116101835j:plain

(このボディブローが効果的でした)

 

ナッシオが勝負をかけてきた10ラウンドは、かなり危ない場面もあった藤本ですが、ショートのカウンターとボディブローで何とかしのぎました。

f:id:stonemeintothegroove:20170116102047j:plain

(10ラウンドにナッシオの右がヒット)

最終12ラウンドも後半からナッシオが猛攻をかけてきましたが、藤本が必死に逃げ回り、勝負は判定に。

3-0(118-109、116-112、116-111)で藤本がついにOPBFヘビー級タイトルを獲得しました。

しかし、118-109の採点はないでしょう。116-112が妥当だと思います。

 

藤本はこの勝利でWBC15位に顔を出すかもしれませんね。

しかし、ヘビー級で世界を狙うには、あまりにも体格が小さ過ぎます。

顔はでかいですけどね。

 

福本翔馬VS福山和徹

ミドル級8回戦

 

f:id:stonemeintothegroove:20170115153507j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170115153515j:plain

(出典:日テレG+)

福本は恵まれた体型をしていますね。日本人にしてはリーチも長そうですし、体型的には村田諒太よりボクサーとしては素質は上かもしれません。

しかし、ボクシング技術はいただけません。

高校アマチュア5冠ということですが、スピードもパワーもディフェンスも今一つです。運動神経が悪そうな動きで、ぎこちなくて不器用なボクシングをします。アマで57戦のキャリアがあるとはとても思えませんね。

 

村田とは天と地の差があります。

 

3ラウンドに福山の右をもらうなど、上体の硬さが目につき、ディフェンス勘も悪いですね。

福山にもう少しパンチ力があったら、倒されていたでしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20170115155124j:plain

しかし、10戦8勝7KO1敗の戦績が示す通り、パンチ力はあります。

4ラウンドの右アッパーで勝負あった感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20170115155430j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170115155438j:plain

辛うじて立ってきた福山ですが、福本の右アッパーでまたもダウンし、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170115155622j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170115155628j:plain

しかし、このボクシングでは日本タイトルも難しいかもしれません。