読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

村田諒太の標的 ビリー・ジョー・サンダースが1年ぶりの防衛戦で世界10位にてこずる VSアルツール・アカボフ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)VSアルツール・アカボフ(ロシア)

WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2016年12月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20170112111805j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170112111859j:plain

(出典:WOWOW)

サンダースはある意味で人気者です。ゲンナディ・ゴロフキンが強すぎるため、挑戦のオファーがサンダースに集中しているという話を聞きます。

村田に順番が回ってくるまで、なんとかサンダースに頑張ってもらいたいですね。

 

サンダースは23戦全勝12KO、27歳のサウスポーです。

アカボフは17戦16勝7KO1敗。同じくサウスポーです。

並みいる世界ランカーの中から、もっとも危険のなさそうな相手を選んだ、という気もしないではありませんね。

 

前半は一進一退

アカボフが前にでいてプレッシャーをかけ、サンダースは右ジャブと柔らかい身のこなしで、これを捌きます。

どちらかが明確に取った、というラウンドはほとんどなく、お互いに有効打の少ない、ジャッジ泣かせの試合展開が6ラウンドまで続きます。

唯一目立ったパンチは、5ラウンドにアカボフが放った右フックですね。

サンダースは、接近した時のアカボフの右フックが見えていないようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170112112422j:plain

(これがゴロフキンのパンチだったらここで終わっていたでしょう)

しかし、アカボフは戦績が示す通り、パンチ力がありませんね。これだけのクリーンヒットをもらったサンダースに、ほとんどダメージが感じられませんでした。

ディフェンス勘のいいサンダースがもらった、唯一のクリーンヒットだったような気がします。

 

後半はサンダースが前に出る

後半、アカボフが少し失速しプレッシャーが弱まったのを機に、サンダースが右ジャブをついて前に出ます。

アカボフもラウンドの前半は手が出ますが、後半はサンダースが反撃し、どうしてもサンダースがラウンドを支配した印象になります。

終盤の2ラウンドは、積極的に攻めたサンダースのスタミナが切れた感じで、最後の力を振り絞って反撃に出たアカボフがポイントを奪い、かなり微妙な判定になりそうな状況で12ラウンドを終了しました。

 

判定は3-0(116-113、116-112、115-113)でサンダースの防衛成功。

まあ、サンダースが逃げ切ったかな、という印象です。

 

村田なら勝てる

 

ジョー小泉さんは、「この試合でサンダースの評価を下げるのは間違い。アカボフは見た目以上にやりにくい相手です。」とコメントしていましたが、私は村田ならサンダースをKOできると思っています。

サンダースに怖いパンチはありませんので、村田が強引にプレッシャーをかけ続ければ、いくらディフェンス勘がよく体が柔らかいサンダースでも、逃げバテして、後半に必ずKOチャンスが巡ってくると思います。

村田は前半、パンチが当たらなくても焦らないことですね。