わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

これは完全にミスマッチメイク テリー・フラナガンVSオルランド・クルス

▼最新記事

テリー・フラナガン(イギリス)VSオルランド・クルス(プエルトリコ)

WBO世界ライト級タイトルマッチ(2016年11月26日)

f:id:stonemeintothegroove:20170111100558j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170111100613j:plain

(出典:WOWOW)

これを世界タイトルマッチというには、あまりにも力の差がありすぎました。

 前回のムゾンケ・ファナもひどかったですが、クルスはもはや世界ランカーのレベルに達していませんね。

boxing.hatenablog.jp

 

それにしても、イギリスのボクサーはつまらない奴が多いです。まともなのはアンソニー・ジョシュアとケル・ブルックぐらいだと思います。

なのにイギリスのボクシング人気は、今や世界一といえるかもしれません。不思議です。

 

フラナガンは31戦全勝12KO、27歳のサウスポーです。

戦績が示す通りパンチ力はありません。

クルスは30戦25勝13KO4敗1分け、35歳のサウスポーで、一応、WBO13位にランクしています。

 

 

体格差が歴然

元々フェザー級の選手だったクルスとフラナガンでは、その体格は一回り、いや二回りぐらい違って見えました。

体格で勝るフラナガンは、馬力に任せて前に出ます。クルスは初回から押されっぱなしです。

4ラウンドぐらいから、一方的な展開になってきます。

フラナガンにもう少しパンチにキレがあったら、もう倒していたでしょうね。

フラナガンは馬力はありますが、パンチの当て方が雑で、実に不器用なボクシングをします。

 

連打でストップしかないか

倒すパンチのないフラナガンがKOを狙うには、馬力に任せた連打でレフリーストップを狙うしかないでしょうね。

そして、8ラウンドにやっとこの退屈な展開を終わらせることが出来ました。

フラナガンがクルスをコーナーに詰め、連打でクルスからダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170111101507j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170111101520j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170111101538j:plain

(最後のパンチは後頭部にヒットしたようですが、アピールするクルスはもう戦意喪失状態です)

一応立ってきたクルスにフラナガンが連打すると、クルスはあっさりダウン。もう完全に戦意喪失です。

レフリーがストップして一応、フラナガンの8RTKO勝ちです。

 この試合で唯一面白かったのは、ジョー小泉さんが「フラナガンはヘッドハンターの傾向がありますね。もっとボディを打てば…」といった途端、フラナガンがボディブローを打ったことぐらいですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170111101858j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170111101907j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170111101920j:plain

(気持ちが折れたクルスにレフリーがストップ)

 

次はフェリックス・ベルデホ

まるでチューンアップのような防衛戦に勝利したフラナガンは、5度目の防衛戦で難敵を迎えます。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 ただ、最近のベルデホは、今一つ物足らない試合が続いています。

モチベーションの問題もあるのでしょうが、馬力のあるフラナガンを倒すのは至難の業でしょうね。

 しかし早くからスーパースター候補と呼ばれていたベルデホですから、こんなつまらないボクシングをするフラナガンあたりには、力の差を見せ付けてタイトルを獲得してほしいと思います。