わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

KO必至の世界戦2試合が凡戦の末判定決着 田口良一&内山高志

▼最新記事

田口良一 引き分け カルロス・カニサレス(ベネズエラ)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170102121105j:plain

(出典:テレビ東京)

田口はこれが5度目の防衛戦です。

28戦25勝11KO2敗1分け、30歳。

カニサレスは16戦全勝13KO、23歳。WBA3位の強打者です。

 

 

序盤はカニサレスが前に出て積極的に攻撃してきます。

特に左フックが怖いですね。左右ともに思い切り振りまわしてきます。

しかし、田口も何とかこの攻勢を捌き、後半勝負へ持ち込もうとしています。

 

はやくも、3ラウンドあたりから田口が反撃に転じます。

カニサレスも、前に出てプレッシャーをかけ始めた田口に、下がりながらパンチを放ちます。

意外にも、カニサレスが前に出てボクシングしたのは最初の2ラウンドだけです。

ここからは田口が前に出てプレッシャーをかけ、カニサレスが下がりながらこれを捌き、隙を見て強いパンチを打ち返すというパターンがずっと続きます。

退屈な展開です。

田口も前には出ますが、なかなか的確なパンチをヒットできません。

結局この展開が12ラウンドまで続き、判定は3者3様のドロー。

はっきり言って、凡戦でした。カニサレスには見事に裏切られました。

田口もこんな試合では、次は八重樫東田中恒成とでも対戦しないと、テレビ放映はないかもしれませんね。

 

ジェスリル・コラレス(パナマ) 判定 内山高志

WBAスーパー世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170102132450j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170102132510j:plain

(出典:テレビ東京)

コラレスは22戦20勝8KO1敗1NC、25歳。

防衛戦の相手が二転三転し、結局内山とのダイレクトリマッチとなりました。

内山は26戦24勝20KO1敗1分け、37歳。引退をかけたリベンジマッチです。

 

こちらも予想外の凡戦。かみ合わないボクシングだったと思います。

結局スピード負けした内山が、まさかの判定決着で完敗を喫しました。

本来の内山なら左ジャブで距離をつかみ、右ストレートをアジャストして倒す、というのが勝ちパターンなんですが、コラレスの左カウンターが怖くて、左ジャブが思い切ってつけず、距離をつかめないまま試合を進めました。

これでは勝てません。

5ラウンドのダウンもパンチはヒットしていませんね。完全なスリップダウンです。

終盤、ボディブローで追いつめましたが、結局全体的なスピードで負けていましたから、決定打を打ち込むことが出来ませんでした。

しかし、勝っても負けてもKO決着、と思っていましたから、この結果は意外でした。

 

これで内山は間違いなく引退でしょうね。

しかし、コラレスもつまらないボクサーですよ。