読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)村田諒太VSブルーノ・サンドバル 世界前哨戦KO勝ち &清水聡もKO

▼スポンサーリンク

▼最新記事

村田諒太VSブルーノ・サンドバル(メキシコ)

ミドル級10回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161231112012j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231112029j:plain

(出典:フジテレビ)

村田は11戦全勝8KO、30歳。これが世界前哨戦の予定です。

ターゲットはもちろんビリー・ジョー・サンダース(イギリス)です。

 

サンドバルは21戦19勝15KO1敗1分け、25歳。世界ランクには顔を出していませんが、なかなか立派な戦績を残しています。

しかし、ここはあっさり倒さないと話にならないでしょうね。

それにしても村田の試合までLIVEとは、フジテレビはやりますね。

 

試合経過

 1R)

サンドバル、なんとなく強そうですけど…

 

村田が前にでてプレッシャーをかけます。まだ右の距離が合わないようです。

サンドバルもいいアッパーを打ちますね。

2R)

村田は右を狙いすぎ。サンドバルはジャブが増えてきました。なかなか手強いですね。

3R)

サンドバルはディフェンスが上手いですね。体が柔らかいのでなかなか右をヒットできません。

あれっ右をもらった感じで、サンドバルがスリップダウンしたけど、立てないみたですよ。

f:id:stonemeintothegroove:20161231112802j:plain

(レフリーはスリップと思って盛んに立てと促しますが、これはどう見たってかなりダメージがあるでしょう)

 

おやっ、効いているみたいです。どうやら立てないので、レフリーがカウントします。

見た目以上にダメージがあるみたいです。

 

なんと、カウント10で、村田のKO勝ちです!

右は見た目以上に強いですね。

 

1発目の右がきれいに決まっていましたね。そしてとどめの右がもう一度。

f:id:stonemeintothegroove:20161231112124j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231112202j:plain

(会心の右ストレートがヒットし、さらにとどめの打ち下ろしの右)

 

これは立てないでしょう。体が交錯して倒れた感じでしたが、スローで見たら、完全にダウンでした。

 

これで今年は4戦すべてKO勝利です。

さ~待ってろよ!サンダース~ この右で倒したるで!

 

清水聡VSカルロ・デメシーリョ(フィリピン)

フェザー級8回戦

清水はフェザー級で179㎝もあるんですね。

デビュー戦でも思ったのですが、なんだかぎこちないボクシングをします。

 

2ラウンドあたりから、相手を見切った感じがします。

とにかく距離が長いし、2階級ぐらい違う感じで、打ち下ろしの左を狙っていますね。

 

清水は結構、思い切ってパンチを振り回します。そして狙った左ではなく返しの右をクリーンヒットして、3RKO勝ちで、デビュー2戦目もKOで勝利を飾りました。

f:id:stonemeintothegroove:20161231113035j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231113055j:plain

(右フックがカウンターでヒット)

f:id:stonemeintothegroove:20161231113139j:plain

よくわからないボクサーです。

でも、デビュー戦よりはボクシングがスムーズになったような気がします。