わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(新島聖人&小田翔夢&吉開右京)

▼最新記事

新島聖人(帝拳) 4RTKO 城後響(井岡)

 バンタム級 

f:id:stonemeintothegroove:20161225104847j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225104904j:plain

(出典:日テレG+)

新島は6戦5勝4KO1敗、20歳。

城後は4戦全勝3KO、23歳。

ともに右構えのオーソドックススタイルです。

テクニックは城後が上ですが、新島はパワーがありますね。

 

2ラウンドに新島が右を引っ掛けるようにして、ダウンを奪いました。

城後にダメージはなく、この後の反撃で激しい打ち合いになりました。

しかし、ダメージが残ったのは新島の方で、コーナーに戻る時にヘロヘロでした。

f:id:stonemeintothegroove:20161225105300j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225105321j:plain

(右を引っ掛けるようにして倒しました。新島のパワーが奪ったダウンですね)

しかし、4ラウンドに新島のパンチ力が、城後のテクニックを粉砕しました。

ロープに詰めて放った新島の右ストレートで、城後がダウン。これは効きましたね。

f:id:stonemeintothegroove:20161225105906j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225105846j:plain

何とか立ってきた城後に、新島が襲い掛かり、棒立ちになったところで、レフリーが割って入りました。

新島のパワーとパンチ力は魅力ですね。若干打たれ弱いのが気になります。力みすぎて、体が硬くなっているのでしょう。

将来性はひょっとしたら、負けた城後の方があるかもしれませんね。

 f:id:stonemeintothegroove:20161225110028j:plain

 

小田翔夢(琉球) 4RTKO 石井龍輝(船橋ドラゴン)

ライト級

f:id:stonemeintothegroove:20161225113614j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225113636j:plain

小田は4戦全勝4KO、18歳の高校生ボクサーです。

石井は5戦4勝3KO1敗、19歳のサウスポー。

序盤は若干力みが見られる小田が、フットワークの良い石井にさばかれていました。

しかし、3ラウンドあたりから硬さのとれてきた小田の動きが良くなり、石井は押され気味になります。

石井のパンチで、小田のマウスピースが飛び、ストップがかかると思った石井が気を抜いたすきに、小田が攻め込み、ダウンを奪いました。

海外ではマウスピースが外れたら、すぐにレフリーがストップしますが、日本では試合の流れが止まるまでは、そのまま続行されます。

f:id:stonemeintothegroove:20161225114216j:plain

(石井が小田のマウスピースが飛んだのをアピール)

f:id:stonemeintothegroove:20161225114337j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225114357j:plain

(ダウンしても何かアピールする石井)

そして、4ラウンド。小田の会心の右アッパーが石井の顎ととらえ、立ってきましたが、レフリーがストップしました。

ボディブローに見えましたが、顎をとらえていたんですね。

f:id:stonemeintothegroove:20161225114840j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225114903j:plain

(確かに右アッパーが石井の顎をとらえています)

石井の不注意が悔やまれますね。レフリーがストップするまでは、絶対に気を抜いてはいけません。

 

吉開右京(島袋) 3RTKO 大野俊人(石川ジム立川)

Sライト級

f:id:stonemeintothegroove:20161225115924j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225115947j:plain

これは私が2番目に、楽しみにしていたカードです。

吉開は4戦全勝3KO、19歳。西軍代表決定戦では嶋川雄哉のパワーにてこずり、KOを逃しましたが、パンチのキレはピカ1です。

大野は5戦全勝5KOのパーフェクトレコード。20歳のまさにハードパンチャーです。

パワーで勝る大野がプレッシャーをかけ、吉開が速い動きでこれをさばきます。

しかし、動きもパンチのスピードも吉開がかなり上ですね。

f:id:stonemeintothegroove:20161225120942j:plain

(大野がヒットしたのこ右フックだけでしたが、吉開は結構効いたようです)

2ラウンドはもう吉開が手数で圧倒。

不用意に石井の左フックをもらう場面もありましたが、追撃を許さず、すぐに反撃しロープに詰めて連打を浴びせました。

そして、3ラウンド。会心の左フックが大野の顎をとらえ、大野は完全に失神。担架が持ち運ばれたほどのダメージでした。

f:id:stonemeintothegroove:20161225121148j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225121207j:plain

(この左フックは豪快でしたね)

前にも書きましたが、吉開はライト級に落としても十分やれる気がします。

このクラスは日本の選手層が薄いので、すぐに日本チャンピオンになれるでしょうね。