わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

「逃げ恥」ボクサー 最大15ポイント差で判定負け ルイス・オルティスVSマリク・スコット

▼最新記事

ルイス・オルティス(キューバ)VSマリク・オルティス(アメリカ)

WBAインターコンチネンタルヘビー級王座決定戦(2016年11月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20161222094110j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222094118j:plain

(出典:WOWOW)

オルティスは、WBAが指名した挑戦者のアレクサンデル・ウスティノフ(ロシア)との対戦を拒否したため、WBA世界ヘビー級暫定王座を剥奪されてしまいました。

27戦25勝22KO2NC、37歳の正統派サウスポーです。

 

スコットは41戦38勝13KO2敗1分け、36歳。こちらは右構えのオーソドックススタイルですが、ボクサーというより、マラソンランナーみたいなやつです。

デオンテイ・ワイルダーには1RKO負けを喫しています。

 

とにかく逃げまくるスコット

これほど逃げるボクサーは珍しいですね。

「逃げるは恥だよ、ヘビー級ボクサー。」

1ラウンドからスコットは逃げまくります。

オルティスが必死で追いかけますが、とにかく逃げ足が速い、速い。

 

それでも、少しずつ追いつめ、ついに4ラウンドに捕まえたかに思えました。

クリンチして押し倒したように見えましたが、左フックがテンプルにヒットしたようです。

大したダメージはなさそうですが、こいつは(スコットのことです)パンチを受けたらすぐにダウンして、追撃をうまく回避します。小ずるい奴です。

そして、小憎たらしいぐらい、ディフェンスだけはうまいのですよ。

f:id:stonemeintothegroove:20161222095902j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222095915j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20161222095835j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222095842j:plain

(クリンチして離さないので、左フックをテンプルにたたきつけたオルティス)

 

そろそろ捕まえるかな

5ラウンドに左フックでダウンを奪ったときは、さすがにそろそろ捕まえるかな、思いました。

f:id:stonemeintothegroove:20161222101334j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222101351j:plain

(左フックがヒットしてダウンしたのに、後頭部を押さえてアピールする役者ぶり)

 

しかし、スコットはのらりくらりとオルティスのパンチをかわし、追撃を許しません。

さすがにオルティスもこれだけ逃げまくる相手に、手を焼き始めました。何度も言いますが、こいつはホントにパンチを避けるのだけはうまいのです。

7ラウンドにはスコットのヘディングでオルティスがよろめきます。

スコットのパンチがヒットしたように見えましたが、スロー再生では、スコットの頭だけがヒットしていました。

恐らく、このラウンドだけ、2人のジャッジが10-10をつけたのだと思います。

f:id:stonemeintothegroove:20161222102356j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222102410j:plain

(スコットの必殺ヘッドバッドのカウンター。これは効くでしょう)

9ラウンドにもオルティスの左ボディブローがカウンターでヒットし、スコットはまたもやダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20161222102738j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161222102743j:plain

(ヘビー級では珍しい、ボディブローのダウン)

これもオルティスの追撃から逃れるためのダウンです。

大したダメージはありません。

 

最後まで逃げまくるスコット

スコットのパンチは、先ほどのヘッドバッドのカウンター以外は、大振りの右フックカウンターだけ。これもオルティスに読まれて、ほとんどヒットすることはありません。

後はオルティスが追いかけ、スコットが逃げる、というラウンドがほとんど。

アメリカでやってたら、ブーイングどころか物を投げ入れられてたかもしれません。(会場はモナコ、モンテカルロ)

私は、9ラウンドのボディブローでダウンしたところでストップしても良かった思います。

そして、スコットは12ラウンドを逃切ることに成功しました。

 

3-0(120-115、120-116、120-116)。

15ポイントも差がついた判定は、あまり記憶にありません。

スコットはマラソンに転向した方がいいですね。

オルティスは、さぞかしストレスのたまる試合だったことでしょう。