読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

根性の選手 ジェイソン・ソーサが消耗戦を制す VSスティーブン・スミス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジェイソン・ソーサ(アメリカ)VSスティーブン・スミス(イギリス)

WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年11月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20161220123528j:plain

(出典:WOWOW 左ソーサ、右スミス)

ソーサは24戦19勝15KO1敗4分け、28歳。

ハビエル・フォルトゥナからまさかの大逆転KOで、獲得したタイトルの初防衛戦です。

ソーサはニコラス・ウォータースとも引き分けています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

スミスはスミス兄弟の次男。

26戦24勝14KO2敗、31歳。

ともに右構えのオーソドックススタイルです。

 

解説の浜田さん曰く、「ソーサは根性の選手」だそうです。

 

 

ソーサが2ラウンドにあっさりダウンを奪う

ソーサは前に出てプレッシャーをかけながら、パンチを出し、接近戦でのショートパンチが得意です。

スミスはイギリス人らしい、左ジャブから右ストレートを放つスタイリッシュなボクサーです。

ソーサは前に出ながら同時にパンチを放ち、踏み込みのスピードがあるので、左も右も結構ヒットします。

 

2ラウンド開始早々、ソーサが連打で追いつめ、左フックがテンプルにヒットし、スミスがしゃがみ込むようにダウンしました。

ダウンかな?スリップかな?という感じのダウンでしたが、意外とダメージがあったようです。

f:id:stonemeintothegroove:20161220125000j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161220125139j:plain

(ソーサの連打はほとんどヒットしませんでしたが、最後に放ったこの左フックがテンプルに決まっていました)

f:id:stonemeintothegroove:20161220125301j:plain

 (えっ!今のがダウン?という顔をしていましたが、意外とダメージがあったようです)

一気に詰めにかかったソーサがプレッシャーを強め、連打を放ちます。これに応戦できないスミスは、やはりダメージがあるようです。

 

3ラウンドもまだダメージの残るスミスは完全に押され気味。

ソーサの左フックで、スミスが右目をカットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161220125747j:plain

(このパンチのあとスミスの右目横から血が滲みます)

 

右カウンターで形勢が逆転

4ラウンドは、一気に倒しにかかったソーサがさらにプレッシャーを強めます。スミスは明らかに苦しい。

ところが、ソーサの強引な攻めでディフェンスが甘くなったところへ、スミスの会心の右ストレートがカウンターで決まり、形勢が逆転しました。

f:id:stonemeintothegroove:20161220130332j:plain

(右ストレートのカウンターが鮮やかに決まりました)

ソーサの攻めが強引すぎましたね。もう少し丁寧に攻めていれば、中盤辺りでKOもあったと思います。

中盤の6回7回は、ダメージから回復したソーサがまたプレッシャーをかけ、パンチを放ちます。こんなペースで試合をして、スタミナが持つのかな、思うほどの強引な攻めです。

 

ソーサ、後半はペースダウン

8ラウンドあたりから、ソーサは明らかにバテてきました。

ラウンドの序盤はプレッシャーをかけてて前に出ますが、中盤辺りからスミスが盛り返します。スミスのボディブローもかなり効いているようです。

ソーサはディフェンスも雑になり、スミスの右カウンターを浴びるシーンが増えてきます。

f:id:stonemeintothegroove:20161220131940j:plain

(右ストレートカウンター。スミスにもう少し力が残っていたらダウンもあったでしょうね)

この後は一進一退の消耗戦となります。

スミスも決め手に欠き、あと一歩詰め切れません。

 

最後はチャンピオンの維持

10ラウンドは、ソーサがエンジンをかけなおし、勝負に出ました。

さすがにラウンド終盤はガス欠状態で、スミスの反撃に合います。

結局お互いにスタミナを消耗し、逆転を狙ったスミスの大きなパンチも功を奏せず、勝敗は判定に持ち込まれました。

 

3-0(116-111、117-110、116-112)でソーサが防衛に成功しました。

7ポイント差はちょっと開きすぎのよな気もしますが、まあソーサの勝利は文句ないでしょう。

しかし、ソーサはフォルトゥナと再戦したら、負けると思いますよ。

スミスはもっと左に磨きをかけないと、プレッシャーの強いソーサのようなボクサーを捌くのは無理でしょう。ジャストミートした右カウンターで、ダウンすら奪えないのも非力ですね。