わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロマチェンコのアンダーカードに3人の全勝ホープ登場 ファン・ルイス&トレバー・マッカンビー&コンスタンチン・ポノマレフ

▼最新記事

ファン・ルイス(ベネズエラ)VSフェルナンド・カルカモ(メキシコ)

ウェルター級8回戦(2016年11月26日)

f:id:stonemeintothegroove:20161207125105j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207125112j:plain

(出典:WOWOW)

ファン・ルイスは17戦全勝10KO1NC、30歳。ホープと紹介するには少し歳をとっていますね。しかしボクシングはホープらしい生きのいいパンチを放っていました。元WBA中南米Sライト級チャンピオンです。

フェルナンド・カルカモは28戦21勝16KO7敗、26歳。

 

 

開始30秒で左ジャブから右ストレートがジャストミートし、早くもカルカモがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161207130533j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207130550j:plain

(ストレートは長くて威力があります)

辛うじて立ち上がったカルカモですが、ダメージは深刻です。よたよたのカルガモ状態です。

ルイスは距離を詰め、フックとアッパーで仕留めにかかりますが、ストレートほどは威力がなさそうな感じがしました。

結局、この回の終盤、ショートのストレートをカンターで決め、フィニッシュしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161207130323j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207130334j:plain

(ショートのストレートもうまい)

リーチが長くて、しかもパンチも戦績以上に威力がありますね。

まだ世界ランクに顔を出していませんが、30歳ですし、そろそろ骨のある相手との対戦が望まれます。

 

トレバー・マッカンビー(アメリカ)VSドノバン・ジョージ(アメリカ)

Lヘビー級8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161207132035j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207132043j:plain

(出典:WOWOW)

マッカンビーはWBO世界Sミドル級7位。23戦全勝18KO、24歳です。

ジョージは33戦25勝22KO6敗2分け、32歳。アドニス・スティーブンソンと対戦し、12RにTKO負けした実績があります。

ジョー・小泉さんが「12ラウンドまで持ったということです」

と言うように、ジョージにとっては立派な実績といえるでしょう。

 

しかし、そんな「実績」もつジョージですが、なんと1ラウンドで倒されてしまいました。

パワフルなパンチを振り回すマッカンビーの右フックをまともに喰って、ジョージがあっけなくダウン。ほぼこの一発で決まったようなものですが、ジョージは何とか立ってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20161207133559j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207133607j:plain

(こん棒のような右フックでなぎ倒すようにダウンを奪います)

ここからのマッカンビーの追撃は圧巻でした。もうパワフルの一言。

結局ジョージは、マッカンビーの連打にさらされ、崩れるようにダウンし、レフリーがすぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161207135003j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207135010j:plain

(もう滅多打ちです)

マッカンビーのボクシングは魅力的ですね。スタミナに不安は感じますが、間違いなく楽しみなホープです。

この日はLヘビー級でしたが、かなり太目な感じがしましたので、私はSミドル級で世界を目指すことを勧めますね。

  

コンスタンチン・ポノマレフ(ロシア)VSシルベリオ・オルティス(メキシコ)

ウェルター級8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161207135437j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161207135444j:plain

(出典:WOWOW)

ポノマレフは30戦全勝13KO、24歳。IBF5位をはじめ、各団体のランキングに顔を出しています。

コンスタンチンといえば、コンスタンチン・チューを思い出しますね。

オルティスは53戦35勝17KO18敗、33歳の大ベテランです。

 

ポノマレフは身長178㎝、リーチ183㎝。ウェルター級としては恵まれた体形をしています。

豊富な手数で初回からオルティスを圧倒します。ボディブローもうまいですね。

フィジカルの強さでオルティスを押しまくります。

左ガードが少し甘いのが気になりますが、よくまとまった完成度の高いボクサーですね。

戦績からもわかるように少しパンチ力が物足りません。ちょっと打ち方が雑ような気がしますね。

結局、終始オルティスを圧倒しながら、最後まで倒すことが出来ませんでした。

世界タイトルを取るには決め手に欠くかな~