読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

新人王西軍代表決定戦 わしボクのちょっと気になる選手 その2(吉開右京など)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

澤井剛志(グリーンツダ)VS今田雄大(蟹江)

ェザー級4回戦(2106年11月6日)

f:id:stonemeintothegroove:20161118094830j:plain

(出典:日テレG+)

澤井はアマチュアで33戦の経験がありまが、プロの戦績は3戦1勝1KO1敗1分けとパッとしません。

今田は8戦5勝3KO1敗2分けとキャリア豊富です。

 

しかし、この日は澤井のアマ経験がものをいいました。

2ラウンドはあわやストップかと思わせる猛攻を見せ、今田をダウン寸前まで追いつめました。

プロのキャリアでは圧倒的に上回る今田も手数で応戦しますが、クリーンヒットが少なく、パンチの威力も今一つです。

そして、4ラウンドに澤井の左フックで今田が大きく体勢を崩したところで、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161118095152j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161118095210j:plain

(この左フックで澤井の一方的展開に終止符が打たれました)

澤井はこれで4戦2勝2KO1敗1分け、22歳。サウスポー対決でしたが、全く苦にする様子もなく、すぐに自分の距離で戦えていました。何より、パンチの当て勘が良かったですね。

戦績以上に素質のある選手だと思います。

 

 

小田翔夢(琉球)VS高橋良季(ロマンサジャパン)

ライト級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161118102203j:plain

(出典:日テレG+)

この二人はちょっと力の差がありすぎましたね。

高橋はこれがデビュー2戦目で、まだ1勝1KOのキャリアしかありません。

当然、自分のボクシングスタイルも全く確立されていません。

小田は初回から相手を吞んでいるかのように、思い切ってパンチを振ってきます。

そして早くもボディブローが効いて、高橋のガードが下がります。

そこへ小田の強烈な右ストレートから左のフォローパンチでロープに飛ばされます。もうこの時点で高橋はほぼ失神寸前です。

しかし小田はさらにロープに詰めて連打を浴びせます。レフリーは慌ててストップしましたが、ロープに詰まったところで止めるべきでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20161118101023j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161118101031j:plain

(この右は強烈でした)

f:id:stonemeintothegroove:20161118101130j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161118101143j:plain

(左のフォローパンチで高橋はほぼ失神寸前。あとの連打は不要でしたね)

f:id:stonemeintothegroove:20161118101159j:plain

(レフリーがすぐにストップしました)

ここまで実力差があると危険な感じがしました。

それにしても小田は思い切りのいいパンチを打ちますね。

これでなんと4戦4勝4KOのパーフェクトレコードです。しかもまだ18歳。このままいけば日本やOPBFタイトルぐらいは簡単に取れそうな気がします。

ただ、なんとなく体が硬そうで、打たれた時の耐久力に若干不安を感じました。

 

吉開右京(島袋)VS嶋川雄哉(大星森垣)

Sライト級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161118104459j:plain

(出典:日テレG+)

私はこの日の中で、この吉開が一番好きですね。

動きも速いし、パンチもキレがあります。ボディブローもうまいですね。

初回はお互い1回ずつ、ダウンを奪いましたが、ダメージははるかに嶋川の方がありました。

最初に喫した吉開のダウンは、嶋川がひっかけて倒したスリップダウンです。

f:id:stonemeintothegroove:20161118104222j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161118104230j:plain

(嶋川はフィジカルが強く、力づくで倒した感じですね)

f:id:stonemeintothegroove:20161118104355j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161118104403j:plain

(吉開が奪い返したダウンはかなりダメージがありました)

2ラウンドは吉開の攻撃で圧倒。嶋川はダウン寸前まで追い込まれました。ここがKOの唯一のチャンスでしたね。

嶋川が最後まで持ちこたえたのは、フィジカルの強さでしょう。

吉開は嶋川のパワーに押され、これにかなりスタミナを使った感じです。

しかし、クリーンヒットでは吉開がはるかに多く、ボクシングのレベルの差はかなりありました。

結果は判定3-0(たぶん40-36)で、もちろん吉開の勝利。

吉開はこれで4戦4勝3KO、19歳。

Sライト級でこの速い動きとパンチのキレは、十分全日本でも圧倒できる力があると思います。