わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

新人王西軍代表決定戦 わしボクのちょっと気になる選手 その1(矢吹政道、藤本耕太など)

▼最新記事

富田大樹(堺東ミツキ)VS水谷流(トコナメ)

ミニマム級4回戦(2016年11月6日)

f:id:stonemeintothegroove:20161116115735j:plain

(出典:日テレG+)

富田は西日本新人王の時も鍾愛しましたが、サウスポーを苦にしません。

長身を生かして距離を支配し、右ストレートをうまくヒットさせます。攻撃も多彩です。2ラウンドの連打は見事で、これで決まるかと思ったほどです。

自分が安みたい時に、左を使ってさばくところは、水谷(3戦)とのキャリアの差を感じさせました。

3-0(3者とも40-36)。これで7戦全勝1KO。もう少しパンチにキレがあれば申し分ないのですけどね。まだ、18歳ですからこれからパワーがついてくると思います。

 

 

矢吹政道(薬師寺)VS那須亮祐(グリーンツダ)

フライ級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161116121038j:plain

(出典:日テレG+)

見事な右ストレートカウンターでした。最初の1発でほぼ決まった感じがしましたが、那須は辛うじて立ってきました。

とどめの2発目もジャストミート。抜群のタイミングでした。素晴らしい反射神経ですね。

1ラウンド、わずか1分4秒でした。

f:id:stonemeintothegroove:20161116121301j:plain

(これを決められたら立てないでしょう)

これで3戦全勝3KO。矢吹はMVPを獲得しました。この必殺の右カウンターが全日本でもさく裂するか、楽しみですね。

 

藤本耕太(江見)VS村上勝也(薬師寺)

Sフライ級5回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161116122240j:plain

(出典:日テレG+)

お互いにスピードがあり、なかなかレベルの高い一戦でしたが、やはり村上のガードの甘さが命取りになりましたね。

前回の「西部日本VS中日本」の際に指摘しましたが、もみ合ったときにガードががら空きになっていました。

2ラウンドに、間合いを詰めた藤本がそのがら空きの顔面に、会心の右ストレートを叩き込みました。右ストレートのお手本のようなパンチでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20161116123413j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161116123421j:plain

(村上が少し気を抜いたところへ会心の右ストレートがヒット)

f:id:stonemeintothegroove:20161116123527j:plain

(これは立てない。レフリーがすぐストップし、担架が持ち込まれました。)

藤本はこれで6戦全勝2KO。まだ18歳。全日本新人王は間違いないでしょう。藤本は敢闘賞を獲得しました。

 

城後響(井岡)VS中村祐斗(市野)

バンタム級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161116124615j:plain

 

(出典:日テレG+)

強打者同士のこの一戦は、意外にもハイレベルな技術戦となりました。

お互い強打を警戒しながらも、中村が前に出てプレッシャーをかけ、城後は下がりながらストレートのカウンターを狙います。

前回の「西部日本VS中日本」で、完成度の高さで一番と私がほめちぎっただけあって、初回は村上が完全にポイントをとったと思います。

城後は3戦ながらアマチュア経験があり、少し動きに硬さがみられるものの、ストレートを中心にきれいなボクシングをします。

中村はこの右ストレートに対する防御が甘く、2回あたりから再三このパンチを被弾するようになります。

そして、4ラウンドに城後がストレートの集中打で中村が棒立ちになる場面があり、これが勝敗の決め手になったと思います。

2-1(39-38、39-37、38-39)の僅差で城後が全日本への切符を手にしました。

城後は4戦全勝3KO、22歳。