読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末の世界戦が決まる2(12月31日) 井岡一翔&小國以載&内山高志&田口良一&田中恒成

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井岡一翔VSスタンプ・キャットニワット(タイ)

WBA世界フライ級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20161111114716j:plain

井岡は21戦20勝12KO1敗、27歳。4度目の防衛戦です。

スタンプは15戦全勝6KO、18歳。タイのホープでWBA世界フライ級暫定チャンピオンです。

18歳という若さは驚きですが、それほど怖いパンチはなさそうです。

身長164㎝は井岡より1cm低く、体格的にはほぼ同じですから、パワー負けすることもないでしょう。

普通に考えれば、序盤にボディブローで弱らせて、終盤に畳みかけてKO、と予想できますね。

 

 

ジョナサン・グスマン(ドミニカ共和国)VS小國以載

IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年12月31日

f:id:stonemeintothegroove:20161111114738j:plain

グスマンは23戦22勝22KO1NC。27歳。和氣戦で怪物ぶりをいかんなく発揮し、戦績が本物であることを証明しました。

小國は20戦18勝7KO1敗1分け、28歳。唯一の1敗は2013年に和氣に喫したもので、しかもTKO負けです。

好戦的な和氣に対して、小國はアウトボクサー。

小國の距離で戦うことが出来れば、勝機もあるでしょうが、グスマンのパワー、パンチ力を12ラウンドさばききるのは至難の業でしょう。

小國には申し訳ありませんが、早い回で倒されて、テレビ観戦する側に少し休憩時間をください。このあと、大事な内山の試合が待っていますからね。

 

ジェスリル・コラレス(パナマ)VS内山高志  

WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20161111114811j:plain

コラレスは22戦20勝8KO1敗1NC。サウスポーの25歳。

内山は26戦24勝20KO1敗1分け。37歳。マニー・パッキャオと同じ年齢ですね。

コラレスは対戦相手が見つからず、図らずもダイレクトリマッチとなりました。

コラレスのスピードに内山が対応できれば、パワーもパンチ力もコラレスに負けていませんから、KOで王座を奪還できるはずです。

とにかく、序盤は距離をとって、不用意に打ち合わないことが大事です。

心配なのは、内山の年齢による反射神経の衰えです。まあ、今度負けたらさすがに引退でしょう。

 

田口良一VSカルロス・カニサレス(ベネズエラ)

WBA世界Lフライ級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20161111114830j:plain

田口は、28戦24勝11KO2敗1分け、29歳。

カニサレスは、16戦全勝13KO、23歳。WBA3位です。

カニサレスはKO率も高いし、いまだ無敗ですが、名のある相手との対戦は皆無です。

おそらく昨年WBAラテンアメリカタイトルを獲得し、WBAのランキングに顔を出して、その後国内選手に6連勝して、順調にランキングを上昇してきたのでしょう。

他の団体のランキングには全く登場していません。

5度目の防衛戦を迎える田口にとっては、戦績ほど怖い相手とは思えません。

初黒星をKOでプレゼントして、ベネズエラへ帰ってもらいましょう。

 

田中恒成VSモイセス・フェンテス(メキシコ)

WBO世界Lフライ級王座決定戦(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20161111114842j:plain

残念ながら、この試合は大阪では放映されません。結果をネットで調べたいところですが、下手に検索すると、内山の結果も先にわかってしまいそうなので、用心しないといけません。

田中は7戦全勝4KO、21歳。前WBO世界ミニマム級王者で、WBOライトフライ級2位です。

フェンテスは27戦24勝13KO2敗1分け、31歳で、WBO1位にランクしています。

前WBO世界ライトフライ級王者ドニ―・ニエテス(フィリピン)と2戦しています。

2013年の対戦では引き分けていますが、2014年にはTKO負けで敗れています。

フェンテスはボディブローが得意ということで、決して打たれ強くない田中は、このボディブローをいかにさばくかが勝敗の分かれ目となりそうです。

いずれにしても、かなり厳しい戦いになると思います。