読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末世界戦決まる1(12月30日) 井上尚弥VS河野公平&井上拓真&八重樫東

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井上尚弥VS河野公平

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20161110113919j:plain

それにしても、なんで年末に世界戦を集中させるのでしょうね~

見る側は大変なんです。それでもまだ12月30日はましですね。

疲れるのは大みそかです。大阪でしたら、4チャンネル見て、すぐに7チャンネルを見ないといけません。もう、忙しいのなんの。終わったらぐったりです。

昨年は内山高志がKOで締めくくってくれましたが、今年のトリは不安いっぱいです。

とにかく、1日5試合はきついですよ。

 

井上は強すぎて、マッチメイクに苦労しているみたいですね。

 

井上は11戦全勝9KO、23歳。163㎝。

河野は42戦32勝13KO9敗1分け、36歳。167㎝。

 

実力未知数の外人ボクサーとやるより、このカード方がはるかに面白いと思いますよ。

と言っても、勝敗ははっきりしています。仮に井上が両手を痛めても、井上の勝利は動かないと思います。

ヒラリーがトランプに負けたような「大どんでん返し」はないでしょう。

井上の拳が無事なら、河野はこれが現役最後の試合になるはずです。

 

マーロン・タパレス(フィリピン)VS井上拓真

WBO世界バンタム級タイトルマッチ(2016年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20161110113935j:plain

タパレスはあのプンルアン・ソーシンユー(タイ)を敵地で逆転KOした強打者です。

そして、何より、京都のホープ、大森将平もKOしています。

戦績よりも実際のパンチ力は強いですね。

31戦29勝12KO2敗、24歳。163㎝。

 

井上は前回の試合でダウンを喫し、盤石のディフェンスに少し黄色信号がともりました。しかも、今回は初めてのバンタム級での挑戦です。

タパレスがサウスポーなのもマイナス材料ですね。

8戦全勝2KO、21歳。160㎝。

 

まともに打ち合ったらパワー負けするでしょう。おそらく弱点のタパレスのボディを攻めることが出来れば、少しは勝機があるかもしれません。

 

八重樫東VS「ファーラン・サックリン・ジュニア(タイ)VSミラン・メリンド(フィリピン)」

IBF世界Lフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20161110113955j:plain

八重樫が負傷のため試合ができないというIBFの判断により、ファーランとメリンドで暫定王座決定戦を行うことになりましたが、これが11月26日という話です。

そして、12月30日にその暫定王者と八重樫が対戦するようですが、日程がきついですね。本当に実現するのでしょうか。

メリンドは34戦32勝12KO2敗、28歳。

ファーランの現在の戦績はわかりませんが、井上拓真の2戦目で判定負けしていますし、高山勝成にも挑戦して負傷判定負けしています。

メリンドも前王者のハビエル・メンドーサに負傷判定負けしていますが、恐らく暫定王者はメリンドでしょう。

 

そのメンドーサに勝っている八重樫が有利だとは思いますが、残念ながらボクシングはこの法則が通用しません。それと、八重樫にとってはライトフライ級の階級も大きな壁かもしれません。

八重樫は29戦24勝12KO5敗、33歳。