読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)パッキャオが大差の判定でタイトル奪取 VSジェシー・バルガス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジェシー・バルガス(アメリカ)VSマニー・パッキャオ(フィリピン)

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2016年11月6日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20161107101513j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161107101523j:plain

(出典:WOWOW)

ジェシー・バルガスは28戦27勝10KO1敗、27歳。

マニー・パッキャオは66戦58勝38KO6敗2分け、37歳。

 二人の紹介は  ↓

boxing.hatenablog.jp

 

 

 

試合経過

1R)

まだお互い様子見です。パッキャオは飛び込むタイミングを探っています。

バルガスは右のカウンターを狙っています。

2R)

バルガスが積極的にでます。お互いタイミングの探り合いです。

パッキャオの左ストレートでバルガスがダウン。タイミングで倒れた感じで、ダメージはなさそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20161107101738j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161107101744j:plain

 

3R)

パッキャオが左を狙っています。パッキャオの動きが激しくなってきました。バルガスが押され気味。負けまいとするバルガスに力みが感じられます。

4R)

バルガスの方が発汗が多いのが気になります。

パッキャオがペースを握っている感じです。

お互いにいいパンチを決めますが、いかんせん単発です。

5R)

今日のバルガスは少し力が入りすぎです。それにしてもお互い手数が少ないですね。

クリーンヒットも少ないですが、パッキャオの方が、力を抜いて戦っている感じがします。

6R)

パッキャオの動きにバルガスがついていけないようです。バルガスのパンチがなかなか当たりません。飛び込んでのパッキャオのパンチが時折ヒットしますが、相変わらず単発です。

7R)

スピードは完全にパッキャオが上です。この回はパッキャオがスピードを生かして、クリーンヒットが多くなってきました。

バルガスのパンチはほとんど届きません。ペースは完全にパッキャオですが、手数が少ないので圧倒している感じはありません。

8R)

どうもかみ合わないですね、この二人。久しぶりにバルガスの右がヒットしましたが、

パッキャオの左ストレートもヒット。バルガスが眉間をカットしました。

9R)

緊迫感のない退屈な展開です。

パッキャオの方が、少ないながらもヒット数では上回ります。バルガスはホントにクリーンヒットが少ないです。

10R)

パッキャオの動きは衰えません。バルガスも必死に打ち返すが、いかんせんクリーンヒットしません。パンチの回転がパッキャオの方が速いので、バルガスが打ち急ぐせいもあるのでしょう。

11R)

バルガスがやや鈍った感じがします。パッキャオが攻勢に出ます。パッキャオの動きは相変わらず速いですね。しかし、決して無理をしません。

12R)

やっぱりここまで来ましたね。2回のダウン以外、ほとんど盛り上がりのない試合です。

バルガスが前に出ますが、逆にパッキャオのパンチを肥大します。スピードの差ですね。

そして、試合終了のゴング。

 

 

恐らくパッキャオの大差の判定勝ちでしょうね。

 

3-0でパッキャオが判定勝ち。

(114-113、118-109、118-109)

しかし、114-113はないでしょう。バルガスは、ほとんどいいとことがありませんでした。しかし、パッキャオのボクシングも退屈です。見事な安全運転でした。

もう、ホントに引退してください。