読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)世界に一番近い男、比嘉大吾11連続KOでOPBFタイトル防衛 VSフェリペ・カグブコブ・ジュニア

▼スポンサーリンク

▼最新記事

比嘉大吾VSフェリペ・カグブコブ・ジュニア(フィリピン)

東洋太平洋フライ級タイトルマッチ(2016年11月5日)

f:id:stonemeintothegroove:20161106101653j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161106101712j:plain

(出典:日テレG+)

 

カグブコブは5連勝中、2連続KOと絶好調。6勝2KO2敗5分け。しかもサウスポーです。OPBF5位。

しかし、比嘉大吾は10戦10勝10KOのパーフェクトレコードですよ。(21歳)

日本で世界に一番近い比嘉にとっては、この程度の相手は秒殺しなければ話になりませんね。

楽勝でしょう!でも、やっぱりドキドキです。

 

ちなみにこの日のカードは全部で6試合あり、ここまでの5試合がなんとすべてKO、TKOで決着しています。比嘉も十分、KOを意識するでしょうから、力まないでほしいと思います。

 

 

試合経過

 

1R)

いや~カグブコブの左は怖いですね。比嘉の右の距離はまだつかめてないようです。

比嘉はどうもサウスポーがやりにくそうですが、それでも終盤、パンチを集めたのはさすがです。ちょっと硬いのが気になります。

2R)

相手はなかなかパワフルです。比嘉はまだ左をもらうシーンがあります。

挑戦者はどうやら短期決戦かな。でも比嘉はいつもよりパンチをもらっています。

3R)

相変わらずカグブコブの左は強いですね。

しかも比嘉少しいつもよりでフェンスが甘いので心配です。でも、このラウンドあたりからようやく落ち着いてきた感じはします。

この試合は、どうやら消耗戦ですね。相手のボディ攻撃もなかなかしぶといですよ。

比嘉、終盤、いい攻撃をみせました。

4R)

比嘉は、今日はかなり苦労しています。

でもようやくカグブコブは、ボディ攻撃が効いてきたようです。そして、比嘉の執拗なボディ攻撃についにダウン!まだ1分あります!

f:id:stonemeintothegroove:20161106101940j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161106101947j:plain

 

ここは比嘉も逃しません。執拗なボディブローでまたダウンを奪いました!

f:id:stonemeintothegroove:20161106102009j:plain

そして10カウント。

これで11戦11勝11KO。すごい戦績です。

もう世界しかないでしょう!

でも、サウスポー対策はもう少し研究が必要ですね。特にサウスポーの左に対する防御に課題が残りました。

 

江藤光喜は逆転KOで「生き残った」

江藤光喜VSジュン・ブラゾ(フィリピン)

Sフライ級8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161106102244j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161106102250j:plain

(出典:日テレG+)

江藤は、まだ辛うじてWBC8位にランクされ、世界へのチャンスを残しています。

ブラゾはOPBF11位。5勝はすべてKOですから、パンチ力はありそうです。

 

そして案の定、江藤は初回にダウンを奪われる苦しいスタートを切りました。

f:id:stonemeintothegroove:20161106102605j:plain

その後もガードが甘く、攻撃もピリッとしない江藤。

一進一退の攻防が続き、このまま判定なると勝敗が微妙なところです。

しかし、江藤はパンチ力がありますね。

最終回の8ラウンドにボディブローで3度倒し、逆転KOで、浜田さん曰く「生き残った!」

f:id:stonemeintothegroove:20161106103010j:plain

江藤は世界への再挑戦を狙っているようですが、この日の出来では、絶対に無理ですね。