読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

オスカー・デラ・ホーヤの従弟が全勝をキープ ディエゴ・デラ・ホーヤVSルイス・オルランド・デル・バージェ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ディエゴ・デラ・ホーヤ(メキシコ)VSルイス・オルランド・デル・バージェ(プエルトリコ)

WBCユースSバンタム級タイトルマッチ(2016年9月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20161101124252j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161101124301j:plain

(出典:WOWOW)

ディエゴ・デラ・ホーヤは、オスカー・デラ・ホーヤの従弟です。

15戦全勝9KO、22歳。WBC10位、WBO11位にランクしています。

 

挑戦者のデル・バージェは25戦22勝16KO2敗1NC、29歳。

WBCは26位ですが、IBFでは7位にランクしています。

スーパースターの従弟という超エリートのデラ・ホーヤにとっては、これから上に行けるかどうか、まさに「お手並み拝見」となる相手でしょうね。

ちなみにデル・バージェは2012年にビッグ・ダルチニアンに判定負けしています。

 

ところで、WBCのユースタイトルは23歳以下を対象にしているはずですが、バージェは29歳。まるでWBAみたいにいい加減な運用ですが、まあもともとほとんど価値のないタイトルですから、マッチメイクが難しのでしょう。

 

ガードは高いけどディフェンスは甘い

デラ・ホーヤはガードが高く、左ジャブもシャープでよく出ますが、序盤は少し力みすぎなのか、パンチを打つときに、ガードが甘くなるのが気になります。

避け勘もそれほど良くないと思います。少し硬くなっているのか、力んでいるのかもしれません。

バージェは右ストレートを狙っています。このパンチは初回からタイミングが合っており、デラ・ホーヤは、前半、このパンチを結構被弾していました。

お互いに思い切ってパンチを振るいますが、当て勘はデラ・ホーヤに軍配が上がります。とにかくバージェは左リードが少ないですね。

 

デラ・ホーヤが中盤からペースを握る

中盤あたりから、徐々にデラ・ホーヤの手数が多くなり、力みも取れて攻守のバランスが良くなってきました。

全勝のエリートを喰ってやろうと、初回から気合十分のバージェですが、打ち負けまいと力みすぎて、だんだんパンチが空を切る場面が多くなります。

後半は、バージェのパンチを見切ったデラ・ホーヤが完全にペースを握った感じです。

しかし、この日はとにかく勝つことを優先させたのか、集中打がなく、最後まで安全運転に終始し、見せ場は最終回のラスト10秒だけでした。

 

この従弟、物足らないね

結局3-0の大差判定(100-90、99-91、99-91)でタイトルを防衛しました。

ここ一番に必ず見せ場を作ってきたオスカーとは、雲泥の差がありますね。

世界ランカーを破り、全勝はキープしましたが、物足りませんね~

パンチ力も今一つですし、これ以上の上積みも期待できないような気がします。

 

身長168㎝で体つきに少し余裕が感じられますので、私は階級を下げた方が、体の切れが出るような気がします。

まあ、いずれにしても世界タイトルは無理でしょうね。

下手すると、もう1~2回、WOWOWに登場したら、消えてしまうかもしれません。