読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

おなじみのベテランファイターがそろって伏兵に敗れる ロバート・ゲレロ&アルフレッド・アングロ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ロバート・ゲレロ(アメリカ)VSダビド・ぺラルタ(アルゼンチン)

ウェルター級12回戦(2016年8月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20161018120703j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161018120713j:plain

(出典:WOWOW)

この試合のオッズは33-1(70-1という情報もあります)と圧倒的にゲレロが有利の予想でした。

まあ、当然といえば当然なんです。

ゲレロはダニー・ガルシアに判定負けを喫していますが、4階級制覇王者で、まだWBC13位にランクしています。

一方のぺラルタは、なんと一旦ボクシングを辞め、タクシー運転手をしていたということなんです。これが1年3か月ぶりのリングです。

まあ、普通に考えれば、ゲレロに負ける要素は見当たりません。

ゲレロは40戦33勝18KO4敗1分け、2NC、33歳。

ぺラルタは28戦25勝14KO2敗1分け、33歳。

 

 

ゲレロは最後まで距離に苦しむ

リング上に対峙した二人を比べると、同じ階級とは思えないほど、ぺラルタが大きく見えました。

体格だけなら、ぺラルタの圧勝です。実にいい体格をしています。

ゲレロも動きはいつもと変わりない感じで、決して調子が悪そうには見えませんでしたが、ぺラルタはかなり懐が深く、しかもスピードがあります。

ゲレロの左ストレートが届きません。逆にぺラルタの右カウンターをもらい、序盤は劣勢に立たされます。

 

4ラウンドにゲレロがプレッシャーを強め、ようやく左がヒットしました。

ゲレロのパンチではこれがこの日の一番のビッグヒットでした。さすがにぺラルタもこれはダメージがあったようです。

 

ぺラルタも中盤までは、それほど手数が多いわけではなく、右カウンターを狙うだけの省エネボクシングで、ゲレロの攻勢を捌いていました。

しかし、9ラウンドに左右ストレートでゲレロをコーナーに飛ばし、ダウン寸前まで追い込むなど、終盤4ラウンドは完全にぺラルタがペースを握り、ゲレロはラウンドを重ねるほど消耗していきます。

 

f:id:stonemeintothegroove:20161018122603j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161018122611j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20161018122623j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161018122747j:plain

(それほど効いたパンチではなかったかもしれませんが、これは完全にダウンでしょう)

判定は2-1(115-113、116-112、113ー115)

でしたが、私にはぺラルタの完勝に見えました。

とはいえ、このぺラルタも接近した時の右のガードが甘く、特に自分から攻めていったときに、ガードが甘くなる傾向があります。

それと、西岡さんが言うほど、パンチ力はないと思います。

サウスポー相手とはいえ、自分からボクシングを組み立てられない弱点がありますね。世界はとても無理でしょう。

ゲレロはこれで世界ランクから姿を消します。再浮上は難しいと思います。

 

アルフレド・ガングロアングロ(メキシコ)VSフレディ・エルナンデス(メキシコ)

Sミドル級10回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161018123625j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161018123631j:plain

(出典:WOWOW)

アンダーカードにガングロアングロが登場しました。まだ、現役を続けていたんですね。しかもSミドル級ですか~

一方のエルナンデスも同じく1年ぶりの試合。

解説のお二人(飯田覚士さんと西岡利晃さん)が言うような「生き残りをかけた試合」というより、「すでに世界戦線から完全に離脱しもの同士の試合」という表現がふさわしいですね。

この試合に勝っても決して生き残れませんよ。

 

ガングロアングロが良かったのは中盤だけ

序盤はエルナンデスの軽いパンチがヒットし、ガングロアングロの大振りのパンチは空を切るだけで、ほとんどエルナンデスをとらえることが出来ませんでした。

ところが5ラウンドからガングロアングロがプレッシャーを強めると、エルナンデスの軽いパンチではさばき入れず、押され気味になります。

このまま、ガングロアングロが押し切るかと思われましたが、8ラウンドからエルナンデスが少しパンチを強く打ち出し、盛り返します。

同時にガングロアングロのスタミナも切れてきて、終盤はエルナンデスがペースを取り戻しました。

判定は3-0(98-92、97-93、97-93)。

ガングロアングロもエルナンデスもパンチにスピードがなさすぎます。

勝ったエルナンデスはパンチがあまりにも非力です。

さすがにもうこの二人をWOWOWで見ることは二度とないでしょうね。